/

この記事は会員限定です

労使交渉本格化へ、ベアは広がるか

宮原耕治氏と早川英男氏に聞く

創論

[有料会員限定]
 2014年の春季労使交渉が本格化する。アベノミクスの追い風を受け、賃金を底上げするベースアップ(ベア)の動きは広がるか。6年ぶりにベア容認の方針を打ち出した経団連の宮原耕治副会長(日本郵船会長)と、継続的な賃上げの重要性を訴える富士通総研の早川英男エグゼクティブ・フェローに聞いた。(聞き手は編集委員 西條都夫、小竹洋之)

「支払い能力を基に議論」宮原耕治・経団連副会長

――春の労使交渉で賃上げへの期待が高まっています。

「アベノミクスの成功で円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン