/

トランプ氏、未明に最後の演説「次の4年も素晴らしく」

日本時間11月3日午後 ミシガン州

トランプ氏は現地時間3日0時ごろから、中西部ミシガン州で最後の演説に臨みました。防寒着を着込んだ聴衆を前に「当選したら、次の4年を米国にとってもっと素晴らしい4年にする」と訴えました。バイデン氏について「グリーン・ニューディールなどといって大増税をするつもりだ。バイデンは(政界入りしてから)47年間にわたって米国の雇用や富を海外に流出させてきた『真のグローバリスト』だ」と皮肉交じりに批判しました。日本についても言及し、「日本に工場をここ(ミシガン州)に戻すように言っておく」などと話しました。

トランプ氏の集会にはマスクをつけていない支持者が多数見受けられ、互いに距離を取らずに大声でトランプ氏の名前や「USA、USA!」といった言葉を繰り返し叫んでいました。演説を終えたトランプ氏は定番の音楽「Y.M.C.A.」に合わせたダンスを壇上で披露した後、退場しました。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン