/

投票日、なぜ日曜日でなく火曜日?

日本時間11月3日

日本の選挙では投票は日曜日が一般的ですが、米国の大統領選は「11月の第1月曜日の翌日の火曜日」と決められています。なぜなのでしょうか。

アメリカ経済がまだ農業中心だった1800年代、秋の収穫が終わり冬が始まる前の11月に投票日を定めたとされます。日曜日はキリスト教の安息日にあたります。交通機関が発達していなかった時代、投票日が月曜日では投票所にたどり着くために日曜日に出発しなくてはならない人もいたため、火曜日になったとされます。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン