/

バイデン氏「気候変動は人類の脅威」 パリ協定も争点

10月23日11:25ごろ 気候変動問題

次は気候変動がテーマです。

トランプ氏は「私は美しい水と空気が好きだが、空気を汚しているのは中国やロシアやインドだ。不公平なパリ協定のため数千万の雇用と数千の企業を犠牲にするわけにはいかない」と主張しました。

バイデン氏は「気候変動は人類の脅威であり、いま対処しなければ大変なことになる」と強調。同氏は多数の充電ステーションを設置して米国が電気自動車(EV)市場をリードできるようにする施策を掲げており、「ウォール街は私の政策が1860万人の雇用を生むと言っている」と訴えました。

トランプ氏は「我々はエネルギーを他国に依存しない状況を作った。風力発電や太陽光発電は効率が悪く、今のところ石油が良いのだ。米経済を破壊したいなら、石油産業を廃止すればいいだろう」と反発しました。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン