「大阪=お笑いの街」ってホント? 関西の実像に迫る
「関西のミカタ」まとめ読み

関西
2020/10/24 2:00
保存
共有
印刷
その他

大阪はお笑いの街、京都は雅びな街――。広く定着した関西のイメージです。このほかにも世の中には多くの関西像、関西論が流布しています。定説通りなのでしょうか、それとも違うのでしょうか。関西ゆかりの著名人が登場するインタビュー「関西のミカタ」から、5人を紹介します。これを読めば、関西の「ホンマ」が見えてくるかもしれません。


■「面白い大阪は近年の加工」 風俗史家・井上章一さん

いのうえ・しょういち 1955年京都府生まれ。京大人文科学研究所助手を経て87年国際日本文化研究センター助教授。2020年4月同センター所長に就任。「阪神タイガースの正体」「京都ぎらい」「大阪的」など関西圏にまつわる著書多数。

いのうえ・しょういち 1955年京都府生まれ。京大人文科学研究所助手を経て87年国際日本文化研究センター助教授。2020年4月同センター所長に就任。「阪神タイガースの正体」「京都ぎらい」「大阪的」など関西圏にまつわる著書多数。

関西の中でも、京都は床の間、大阪は台所もしくは便所扱いされている気がする。歴史でも京都が敬われるのは間違いないが、大阪は不当に見下されている。いまの大阪の人もそういったイメージに籠絡されている。明治維新が成し遂げられたのは大阪の商人が新政府軍の軍事費を支えたからだと私は思う……続きを読む


■「大阪は歴史ある文化都市」 国立民族学博物館館長・吉田憲司さん

よしだ・けんじ 1955年京都市生まれ。京都大学を卒業後、大阪大学大学院博士課程修了。アフリカのザンビアで仮面結社と憑霊(ひょうれい)現象についてのフィールドワークなどを実施。2017年から国立民族学博物館館長を務める。

よしだ・けんじ 1955年京都市生まれ。京都大学を卒業後、大阪大学大学院博士課程修了。アフリカのザンビアで仮面結社と憑霊(ひょうれい)現象についてのフィールドワークなどを実施。2017年から国立民族学博物館館長を務める。

「大阪イコール笑い」というのも限定したイメージで、大阪の文化の一部にすぎない。大阪で盛んな文楽には、深刻な話題が多い。能も盛んだ。テレビやインターネットを通じて「笑い」のイメージが強まれば、それ以外の伝統的な文化が見えなくなる。……続きを読む


■「関西弁の『知らんけど』は個を尊重」 作家・有川ひろさん

ありかわ・ひろ 1972年、高知県生まれ。2004年電撃ゲーム小説大賞受賞作「塩の街」でデビュー。「図書館戦争」「阪急電車」「三匹のおっさん」など映像化された作品も多数。19年にペンネームを「有川浩」から「有川ひろ」に改めた。

ありかわ・ひろ 1972年、高知県生まれ。2004年電撃ゲーム小説大賞受賞作「塩の街」でデビュー。「図書館戦争」「阪急電車」「三匹のおっさん」など映像化された作品も多数。19年にペンネームを「有川浩」から「有川ひろ」に改めた。

住んでいるうちに溶け込めるおおらかさが関西にはある。電車で隣になった知らないおばちゃんが「アメちゃんいる?」って言ってくるし、私もスクラッチ券を知らない人にあげたことがある。高知から来たときも違和感はなかった。関西の文化で特に好きなのは「知らんけど」。……続きを読む


■「あほな音楽、大阪に土壌」 難波ベアーズのオーナー店長・山本精一さん

やまもと・せいいち 1958年兵庫県尼崎市生まれ。86年から2001年までバンド「ボアダムス」でギタリストとして活躍。87年からライブハウス「難波ベアーズ」店長も務める。エッセイスト、画家、写真家としても知られる。

やまもと・せいいち 1958年兵庫県尼崎市生まれ。86年から2001年までバンド「ボアダムス」でギタリストとして活躍。87年からライブハウス「難波ベアーズ」店長も務める。エッセイスト、画家、写真家としても知られる。

大阪は殿様のいない街だ。代わりに商売人が一国一城のあるじをしている。縦社会の規範がなく、押しつけられる規律がない。変なやつがどんどん集まってきて、好きなことをする。そういう街の特色がいいように作用すると、他では考えられないものが出てくる。……続きを読む


■「カベ高い関西、入ってしまえば…」 万葉学者・上野誠さん

うえの・まこと 1960年福岡県生まれ。国学院大学大学院博士課程満期退学、文学博士。2004年から奈良大学教授。主著に「折口信夫 魂の古代学」「万葉学者、墓をしまい母を送る」ほか。万葉世界を題材にしたオペラの原作・脚本も手掛ける。

うえの・まこと 1960年福岡県生まれ。国学院大学大学院博士課程満期退学、文学博士。2004年から奈良大学教授。主著に「折口信夫 魂の古代学」「万葉学者、墓をしまい母を送る」ほか。万葉世界を題材にしたオペラの原作・脚本も手掛ける。

福岡に19年、東京に12年暮らし、関西住まいが29年になる。関西の印象をひと言でいうと「新規参入が難しい」。ただいったん、なかに入ってさえしまえば身内扱いされ、なんとも快適。カベが高いのだが、その内では自由だ。……続きを読む

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]