/

どうなる? STAP細胞

(更新)

世紀の発見といわれた理化学研究所(理研)の「STAP(スタップ)細胞」に疑念の声があがっています。1月末の発表時は、ノーベル賞を受賞した京都大学山中伸弥教授の「iPS細胞」よりも簡単に万能細胞が作れると一躍注目を集め世界中から称賛の声が寄せられました。ところが「外部の研究者の実験で再現できない」「論文の写真におかしな点がある」など、その発表内容に関して疑問を呈す声が次々と出てきています。

理化学研究所の調査委員会は14日、調査の中間報告の記者会見を開き、野依良治理事長は「論文の作成の過程に重大な過誤があった」と話しました。論文の取り下げを勧めることも検討する考えです。論文発表から約1カ月半の記事をまとめました。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン