/

映画界の祭典・米アカデミー賞、最近の動き振り返る

世界最大の映画界の祭典、第86回米アカデミー賞授賞式がロサンセルズで行われます。今年は長編と短編のアニメーション部門に、日本の作品が合わせて2本ノミネートされ受賞の行方に注目が集まっています。「長編アニメーション賞」の部門に去年引退を表明した宮崎駿監督の「風立ちぬ」が、「短編アニメーション賞」の部門に森田修平監督の「九十九」が、それぞれ5つの候補の1つとしてノミネートされています。日本のアニメ作品が、2本候補となるのは11年ぶりです。 宮崎監督は今回で3回目のアカデミー賞候補で2003年に「千と千尋の神隠し」で長編アニメ部門を受賞しました。森田監督のノミネートは今回が初めて。最近の動きをまとめました。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン