インタビュー

フォローする

安藤美姫「諦めないことの大切さ伝えたい」

(2/4ページ)
2013/12/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

――スケートの楽しさをまた発見した。

「春先に2回転ジャンプから始めて、3回転を跳べるようになった時の喜びは大きかった。全日本までに3回転―3回転を入れるという目標はあったけど、本当に入れられるかと言われれば、(11月の)東日本選手権の時点では無理かなと思っていた。ここまで戻せるとは予想していなかった。簡単ではないけど、毎日いろいろな意味でスケート、プライベートとも充実していたので、今は自分が選んだ道はすごくよかったと思う」

元世界女王はブランクを乗り越えて五輪を目指せるところまで状態を戻してきた

元世界女王はブランクを乗り越えて五輪を目指せるところまで状態を戻してきた

練習から帰って見る娘の笑顔が励みに

――復帰してから一番の支えになったものは。

「やっぱり娘ですかね。練習中に何回も何回も諦めよう、ギブアップしたいと思った時がすごくあった。でも、リンクから帰ると、彼女がまだしゃべれないので表情とかしか見られないけど、笑っていてくれたりすると、やっぱり自分の出した選択を諦めるのではなくて、結果がどうであれ、やることに意味があると思った」

「諦めないことはすごく大切なことだと伝えたい。自分が歩んできた道というのを、彼女が大きくなった時に、自信を持ってスケートの素晴らしさを伝えられると思う。あとは出産という答えを出して、それでもスケートをやりたいという挑戦を、理解して支えてくれるトレーナーの方とか、もちろんコーチたち、あとは応援してくれている方たちへの感謝の気持ちが支えになっている」

「スケートだけ」は嫌、育児も自分で

――スケートと育児を両立している。

「リンクの上にいるときと春先のトレーニングを除けば、自分が全部やっている。午前の練習中は母が見てくれていて、帰ったら自分でミルクを作ったり、離乳食をあげたりとかしている。午後に練習がある時は、また母に預けて、帰ったら自分でやって」

「春や夏は夜泣きもするし、夏は2、3時間おきに毎日起きて一番大変だった。娘を預けた方が体は楽だったろうし、自分の疲れがとれるのは早いと思うけど、そういうのは自分が許せなくて。自分の娘だし、なるべくそばにいたかったし、『スケートだけ』と言われるのがすごく悔しかったというか、絶対に嫌だった」

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートのコラム

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
高橋は「自分で決めた現役復帰だから全てに前向き」と語る

 2010年バンクーバー五輪銅メダリストで、アジア勢男子として初めてフィギュアスケートのメダルを獲得した高橋大輔(関大KFSC)が4年ぶりの現役復帰を発表した。4月から本格的な練習を始めて約5カ月。4 …続き (2018/9/4)

「スケートは平日、毎日練習している」と浅田さん

 今年4月に現役引退した浅田真央さん(27)がこのほど、東京都千代田区にある日経ホールで行われた睡眠に関するパネルディスカッションに出席した後、日本経済新聞社の取材に応じた。一問一答は以下の通り。 …続き (2017/10/25)

高橋さんは引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた

 フィギュアスケートの世界選手権が30日、米ボストンで開幕した。2014年秋に現役を引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた、10年世界王者でバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔さん(30)に今大会の …続き (2016/3/31)

ハイライト・スポーツ

[PR]