2019年9月22日(日)

インタビュー

フォローする

安藤美姫「諦めないことの大切さ伝えたい」

(1/4ページ)
2013/12/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

ソチ五輪代表最終選考会となるフィギュアスケートの全日本選手権(21~23日、さいたまスーパーアリーナ)で、安藤美姫(26、新横浜プリンスク)が3度目の五輪出場に挑む。4月に女児を出産し、9月に3季ぶりに競技復帰。ブランクを乗り越えて五輪を目指せるところまで状態を戻してきた元世界女王が、復帰までの道のりや育児との両立、スケートへの思いなどを語った。

体力や筋力戻すのが一番大変だった

全日本選手権に向けて調整する安藤

全日本選手権に向けて調整する安藤

――9月末に復帰しておよそ3カ月。一時は全日本の予選突破も危ぶまれたが、12月上旬にクロアチアで行われた国際大会ゴールデンスピンでは、合計176.82点で今季自己ベストをマーク、手応えをつかみ始めている。

「クロアチアの試合はすごく安心したというか、まだまだ2年前の100%と比べれば全然体力は戻っていないけど、自分の中でここまで全日本の前にいい試合ができると思っていなかった。世界のトップ選手が多くて、そういう雰囲気のなかで滑ったのも、いい刺激というか試合自体楽しめた。すごく意味のある試合だった」

「(クロアチアから帰国後の練習で)腰から背中にかけての筋肉をひねったけど、病院やトレーナーの先生も来てくださって治療やケアができた。思ったより回復も早い。練習もルッツジャンプ以外は痛みも出ずにできているので安心している」

――4月に女児を出産し、今季は3季ぶりの復帰となった。

「体力とか筋力を、4分間滑りきるまでに戻すのが一番大変だった。試合に対する気持ちの持っていき方は全然大丈夫だったけど、頭と体がついていかないというか、頭では疲れていないと思っていても、体に出てしまうことがあった。試合とか練習をすると急に体調が優れなくなったり、病気ではないけど風邪の症状が出るとか、試合のあとに1週間くらい動けなくなったりしたこともあった」

「病院で心電図や血液検査も全部して、全て健康ということなので原因は分からない。女性は一般の方でもホルモンのバランスが崩れたら体調が悪くなることもあると思うし、出産(の影響)というのはあると思う」

自分が選んだ道、すごくよかったと思う

――女児出産を公表して、アスリート以外の面でも注目を浴びた。

「18歳のときから、自分はそういう環境に早いうちからあったと思う。今回は自分が歩んでいきたいと思った道の答えが、今の自分の状況だと思うので、いろいろなことが起きるだろうとか、いろいろな意見があるだろうとか、そういうことは常に頭の中にあった。もちろん疲れたり、考えたりして、ストレスはあったかもしれないけど、慣れている感じはある」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートのコラム

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
高橋は「自分で決めた現役復帰だから全てに前向き」と語る

 2010年バンクーバー五輪銅メダリストで、アジア勢男子として初めてフィギュアスケートのメダルを獲得した高橋大輔(関大KFSC)が4年ぶりの現役復帰を発表した。4月から本格的な練習を始めて約5カ月。4 …続き (2018/9/4)

「スケートは平日、毎日練習している」と浅田さん

 今年4月に現役引退した浅田真央さん(27)がこのほど、東京都千代田区にある日経ホールで行われた睡眠に関するパネルディスカッションに出席した後、日本経済新聞社の取材に応じた。一問一答は以下の通り。 …続き (2017/10/25)

高橋さんは引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた

 フィギュアスケートの世界選手権が30日、米ボストンで開幕した。2014年秋に現役を引退後、解説者として初めて現場に戻ってきた、10年世界王者でバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔さん(30)に今大会の …続き (2016/3/31)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。