/

加藤官房長官 記者会見に「自身の色合い出していく」

16日 23時ごろ

(更新)

加藤勝信官房長官は菅義偉内閣の初閣議後の記者会見で、官房長官として担当する一日2回の記者会見について「私自身がどうしていくかは回を重ねながら色合いを出していきたい。政府の考え方をしっかり発信していきたい」と語りました。

行政全体を調整する立場に関しては「縦割りや前例主義、既得権益が国民の目線から妥当か妥当でないかにのっとって全体を判断したい」と述べました。

危機管理担当としては新型コロナウイルス感染症や台風などの自然災害、北朝鮮からの弾道ミサイル発射などに対応すると話しました。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン