日本サッカー世界への挑戦

フォローする

W杯まで残り半年 光明見えたザックジャパン
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/5ページ)
2013/11/22 7:00
共有
印刷
その他

国際サッカー連盟(FIFA)ランキング5位、いま世界で一番熱いチームの一つであるベルギーに、ブリュッセルのボードワン国王スタジアムで3-2の勝利。その最大の立役者はトルコ人のフィラト・アイディヌス主審だった。

アドバンテージ、主審の見事な判断

63分、右タッチライン沿いでボールを受けたFW岡崎慎司(マインツ)がドリブルで縦に抜けようとしたところにベルギーのDFフェルトンゲンがファウル、岡崎は耐えきれずに倒れ込んだ。このプレーを目の前で見ていたセルカン・オク副審は、きちんとアドバンテージを見て、ファウルのあった瞬間ではなく、岡崎が倒れるのを確認して右手に持ったフラッグを強く振り上げた。

当然、アイディヌス主審の笛が鳴ると思われた。しかし、彼はもう一つ待った。MF長谷部誠(ニュルンベルク)が近づいていたからだ。

長谷部がボールを拾い、右サイドから内側に入ってゴール正面のFW柿谷曜一朗(C大阪)の足もとにパス、相手の当たりを体でブロックしながら柿谷が右に落とすと、走り込んだ岡崎がワンタッチでゴール左隅に送り込んだ。3-1とリードを広げるゴール。この得点が日本の勝利をもたらしたのだから、アイディヌス主審の「超ファインジャッジ」といえる。

長谷部がボールを拾った瞬間に笛を吹いてプレーを止めていたとしても、誰も文句は言わなかっただろう。アイディヌス主審の判断は、それほど見事だった。

連続で前半の早い時間に失点

ベルギー戦も、オランダ戦に続いて前半の早い時間の失点。しかもヘディングパスで相手に"アシスト"してしまったオランダ戦のDF内田篤人(シャルケ)のプレーに輪をかけて、ベルギー戦の失点は間が抜けていた。

左サイドのスペースに向けて走ったベルギーの1トップFWルカクにロングパスが送られる。日本のDF吉田麻也(サウサンプトン)が追うが、間に合わないと見てGK川島永嗣(スタンダール)が猛然と飛び出す。しかし、ルカクのスピードは川島の想像を超え、川島はペナルティーエリアの左外で簡単に抜かれてしまう。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
タジキスタン戦の後半、ヘディングで先制ゴールを決める南野=共同共同

 ワールドカップ「カタール2022」を目指す日本代表が順調に勝利を重ね、アジア第2次予選勝ち抜きに大きく前進した。

 ホームの埼玉スタジアムでモンゴルを6―0で下した5日後の10月15日、日本代表はアウ …続き (10/17)

終盤戦にさしかかってきたJ1では、優勝を争う鹿島―FC東京戦など熱い戦いが続く=共同共同

 スポーツ界の話題は、日本代表が快進撃を見せるラグビーのワールドカップと、カタールのドーハで開催されている陸上競技の世界選手権に奪われた感じだが、いよいよ最後の2カ月、終盤戦にさしかかってきたJリーグ …続き (10/3)

日本はタジキスタン戦、キルギス戦の「アウェー連戦」が今後のヤマになる=共同共同

 日本のほか、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルの計5カ国で争われている2022年ワールドカップのアジア2次予選F組。全10節のうち9月5日と10日に2節を終了し、2連勝で勝ち点6のタジキス …続き (9/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]