日本サッカー世界への挑戦

フォローする

W杯まで残り半年 光明見えたザックジャパン
サッカージャーナリスト 大住良之

(4/5ページ)
2013/11/22 7:00
共有
印刷
その他

「中2日の連戦なので、ローテーションを考えての起用」

オランダ戦後にザッケローニ監督はこう説明したが、当初の目的は体力面を考えてのものだったとしても、結果を見て「これはいい」と思ったのではないか。

ベルギー戦では長谷部がフル出場し、先発した山口はハーフタイムに遠藤と代わったが、山口の守備力を生かしたボランチのコンビの起用法について、ザッケローニ監督が新たなオプションを手にしたのは間違いない。

大差で連敗しても不思議でなかったオランダ、ベルギーとの連戦で、失点をともに2点に抑えることができた背景に山口のプレーがあった。

起用の若手、次々と力発揮

オランダ戦ではFWに大迫、そしてGKに西川周作(広島)を先発させ、ベルギー戦ではセンターバックに森重真人(FC東京)、両サイドバックに酒井宏と酒井高を先発起用した。

継続的に呼ばれているものの、ずっと11年のトップフォームから遠かった183センチの酒井宏は、長身選手が多いベルギーの攻撃に対して非常に効果的だった。攻撃面でも、久々によいところを見せた。最初の失点を献上してしまった酒井高だったが、その後は攻守に安定したプレーを見せた。そして森重は強さと柔軟さでアザールらベルギーの強烈な攻撃陣を封じた。

大迫もスピードはないが、安定したポストプレーを見せ、攻撃を活性化した。

GK西川は、安定した守備だけでなく、パスを受けてボールをさばくプレーのうまさで日本のボールキープを支えた。ベルギー戦に出場したGK川島がバックパスを受けたときのプレーが不得手で逆にピンチに陥る場面が多かったことを考えれば、レギュラーを西川にしてもいいとさえ思えた。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
決勝進出を決め、サポーターの歓声に応える槙野(左端)ら浦和イレブン=共同共同

 浦和レッズがアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で決勝進出を果たした。
 準決勝で中国の広州恒大と対戦した浦和は、10月2日のホームゲームを2-0で快勝。23日に広州の天河体育中心体育場に乗り込むと …続き (10/31)

タジキスタン戦の後半、ヘディングで先制ゴールを決める南野=共同共同

 ワールドカップ「カタール2022」を目指す日本代表が順調に勝利を重ね、アジア第2次予選勝ち抜きに大きく前進した。

 ホームの埼玉スタジアムでモンゴルを6―0で下した5日後の10月15日、日本代表はアウ …続き (10/17)

終盤戦にさしかかってきたJ1では、優勝を争う鹿島―FC東京戦など熱い戦いが続く=共同共同

 スポーツ界の話題は、日本代表が快進撃を見せるラグビーのワールドカップと、カタールのドーハで開催されている陸上競技の世界選手権に奪われた感じだが、いよいよ最後の2カ月、終盤戦にさしかかってきたJリーグ …続き (10/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]