/

この記事は会員限定です

悠々球論(権藤博) 世界一短いミーティングの言葉

[有料会員限定]

「皆さんプロですから、プロらしくやってください。終わり」。監督に就任して初めて迎える春のキャンプを前に、横浜(現DeNA)の選手、スタッフに私が言ったのはその一言だけだった。メジャーを含めたプロ野球監督のなかでも、ギネス級の世界一短い"所信表明"ではなかっただろうか。

現役時代からコーチ時代まで、何人もの監督のもとでやってきた。その経験からミーティングでもパーティーでもあいさつは短いのに限る、と思...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン