2019年6月26日(水)

資格取得やスーツも経費 会社員に節税のチャンス
「職務」認定、企業に戸惑いも

(2/4ページ)
2013/11/9 7:00
保存
共有
印刷
その他

もっとも、当初認められた特定支出は単身赴任者の帰宅旅費や通勤費など限定的。特定支出額が手厚い給与所得控除を上回るのも要件で「実質的に申告は困難」(辻・本郷税理士法人副理事長で税理士の徳田孝司氏)。利用者は毎年10人未満と有名無実化していた。

■若手社員に朗報

それが2012年度の税制改正で使い勝手はかなり改善した。給与所得控除の全額ではなく2分の1を上回れば、特定支出の上回る分を控除できるようになった(表A)。従来は対象ではなかった税理士などの資格取得費や勤務関連の新聞購読費など、勤務必要経費(上限65万円)も認められたからだ。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

増税時代を生き抜く工夫

「必要経費」を考える

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報