/

その方法は間違い テレワーク成功の勘所、一挙紹介

テレワークは間違った方法で取り組むと生産性が低下することも
新型コロナウイルス感染対策で多くのビジネスパーソンがこの春から在宅勤務を余儀なくされた。初めてのテレワークに手探りで臨んだものの、間違った方法で取り組んでしまい、仕事の効率が落ちている人も少なくなさそうだ。どうすれば、生産性が高く快適な働き方ができるのか。その秘訣や落とし穴について解説した日経 電子版記事「テレワークの勘所」シリーズをまとめて紹介する。5月末の連載開始以来、どの記事もよく読まれており、参考になるだろう。

(1)ハンコは命より大切か テレワークで「長期戦」に備え

テレワークでまず大きな障害となったハンコに象徴される日本企業の紙の書類ベースの業務について、その問題点とデジタルツールを使った解決策を紹介した。


(2)生産性「下がった」6割超 間違いだらけのウェブ会議

テレワークによる生産性低下の要因の一つが、ウェブ会議やビジネスチャットでの対話のストレスとされる。その上手な使い方やネット会議の仕切り方を解説した。


(3)「テレワーク成功に導く就業規則見直し 3つのポイント

テレワークを成功に導くには、デジタルツールだけでは不十分。勤怠管理の方法や費用負担など社内ルールを整備する際の注意点などついてまとめた。


(4)経営者がテレワーク阻害 「日立ショック」で変わるか

テレワークを機に構造改革に乗り出したのが、日立製作所だ。では、それができない会社は何が障害なのか。改革を阻害する「経営者問題」を追及した。


(5)派遣社員にも臨時手当 IT企業が異色のテレワーク

テレワークに移行した会社で見逃されがちなのが、派遣社員やアルバイトの扱いだ。臨時手当の額など具体的な対応法をケーススタディーをもとに説明した。


(6)「在宅勤務率」の落とし穴 社員に不便を強いるだけ?

テレワークは会社にも社員にもプラスに見えて、実は社員に不便や負担を強いているだけではないのか。こうした視点で、テレワークが抱える問題点を掘り下げた。


(7)テレワークで銀行システム統合 「3密」開発変わるか

在宅勤務が進む中、取り残されたのが情報システム業界だ。コロナ禍でも客先常駐が続く状況下、慣例を破ってリモートで基幹システム統合を完遂した銀行があった。


(8)コロナ死ゼロ「ベトナムの奇跡」支えたデジタル活用

人口9600万人の国ながら新型コロナの感染者はわずか355人(6月末時点)で、死者は0人。「ベトナムの奇跡」を支えたデジタル活用の実態を明らかにした。


(9)富士通が目指すDX伝道師 テレワーク起点に全社改革

富士通が大がかりな働き方改革に乗り出した。月5000円のテレワーク手当てなどに注目が集まるが、その本質はデジタルトランスフォーメーション(DX)にある。


(10)テレワーク「新・三種の神器」を生かす

テレワークに必要な「三種の神器」はパソコン、インターネット、ウェブ会議ソフトといえるだろう。だが自宅で快適に仕事をするには、これらだけでは不十分だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン