インサイド/アウトサイド

フォローする

強化と人気回復…中日、新監督・GMに両道託す

(1/2ページ)
2013/10/29 7:00
共有
印刷
その他

「やはり勝っていないと、優勝争いしていないとだめなのだろうか」。プロ野球・中日の球団関係者がつぶやいた。今年、同球団の主催試合の入場者数は5年連続減の199万8188人(72試合)。200万人割れは、実数発表の始まる以前の1995年以来で、97年のナゴヤドーム開場以降では初めてだ。

9月17日から始まったナゴヤドームでの今季最後の巨人3連戦は象徴的だった。ドル箱のカードにもかかわらず1、2戦目はともに入場者数が3万人を割り込んだ。胴上げの可能性があった巨人のファンが数字を押し上げていなかったら、もっと落ち込んでいたかもしれない。

高木監督でも観客減に歯止めかからず

いくら勝ってもファンは増えない――。2011年のオフ、観客動員の不振は、球団初のリーグ連覇を達成した落合博満監督を退任させた理由の一つとされた。当時の落合ドラゴンズは、選手の故障などの情報発信を戦略として制限。ファンサービスに熱心でないなどと批判を浴びていた。

後任は岐阜市出身の大物OB、高木守道氏。高木監督は「Join us ファンとともに」のスローガンを掲げ、春季キャンプで自らマイクパフォーマンスを繰り広げるなど、ファンサービスに力を入れた。戦績の面でも、昨季は6月まで首位に立ち、クライマックスシリーズでは日本シリーズ進出にあと1勝まで迫った。それでも、入場者数の減少傾向には歯止めがかからなかった。

今季はセ・リーグの全5球団に対して負け越し、12年ぶりにBクラスに転落。入場者数は200万人を割った。弱いから客が減ったという解釈は確かにわかりやすい。

ただ減少数で見ると、約8万2000人というのは優勝しても10万人強減った10年とそう大きくは変わらない。中日に関しては、ファンの減少とチームの戦績に強い相関関係があるかは疑わしい。実際、ある球団幹部は入場者数が伸びないことについて「ナゴヤドームに目新しさがなくなったことが原因だろう」とも分析していた。

フロント刷新、コーチは重厚な布陣

今回、白井文吾オーナーは、坂井克彦球団社長らフロントも入れ替えた。ゼネラルマネジャー(GM)として3年ぶりに球団に復帰する落合氏と、以前に対立していたことが背景にあるとされるが、営業面の不振だけでも陣容一新の理由としては足りる。新たに球団社長兼オーナー代行となったのは販売の経験が豊富な佐々木崇夫・中日新聞常務取締役広告担当。他の新役員にも親会社や関連会社の販売担当の名前がある。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

インサイド/アウトサイド 一覧

フォローする
CSファイナルステージの開幕前日練習で調整する巨人・菅野。復帰登板は実現しなかった=共同共同

 腰痛で戦線離脱していた巨人のエース菅野智之(30)が日本シリーズの大舞台で復帰する予定だ。今季はコンディションに不安を抱えたままマウンドに上がるケースが多く、球威、制球力ともに精彩を欠いた「らしくな …続き (10/22)

19歳の戸郷は9月27日の本拠地最終戦でプロ初勝利を挙げた=共同共同

 7年ぶりの日本一を目指すセ・リーグ覇者の巨人は10月9日からクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに臨む。ベテランの阿部慎之助(40)が今季限りでの現役引退を表明。長年チームを支えてきた功 …続き (10/8)

18日のオリックス戦で好投したニール。自身の連勝を10に伸ばした=共同共同

 超強力打線の援護があるから少々の失点には目をつぶろう。ファンも半ばあきらめの目で見ていた西武の先発陣。それが9月に入ってから安定した投球を見せるようになってきた。ソフトバンクとの激しい優勝争いが大詰 …続き (9/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]