ソフトバンクが号砲 スマホゲーム、M&A時代に突入
ジャーナリスト 新 清士

(1/4ページ)
2013/10/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 ソフトバンクがゲーム業界に衝撃を与えている。同社とスマホゲーム子会社のガンホー・オンライン・エンターテイメントが共同で、フィンランドの創業わずか3年のソーシャルゲーム会社スーパーセル(ヘルシンキ)の株式51%を取得し、買収することが明らかになったからだ。15億3000万ドルという巨額の買収金額も関係者を驚かせたが、実はスーパーセルはまだ2タイトルしかリリースしていないのだ。ソフトバンクの孫正義社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]