インサイド/アウトサイド

フォローする

楽天、CS勝利呼び込む影のキーマン

(1/3ページ)
2013/10/15 7:00
保存
共有
印刷
その他

プロ野球はポストシーズンに突入、日本一へ向けた戦いが佳境に入ってきた。球団創設9年目で悲願のパ・リーグ初制覇を果たした楽天は、17日からKスタ宮城で行われるクライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージで、ファーストステージの勝者・ロッテを待ち受ける。楽天のけん引役は今季無傷の24連勝でプロ野球の連勝記録を塗り替えた田中将大、そしてアンドリュー・ジョーンズとケーシー・マギーの両外国人であることはいうまでもないが、影のキーマンは誰なのか。そして星野監督の采配で注目される勝負のポイントは……。

定評ある守備に磨き

星野監督が自身の現役時代のことを振り返ってこんなことを話したことがある。

「投げていて、やられたって思ったら、そこにいてアウトにしてくれるんだよ」

監督が「ずいぶん助けられた」と話す野手は、今季限りで中日の監督を退任した高木守道氏のことである。現役時代は華麗なグラブさばきとバックトス、何より絶妙なポジショニングで史上屈指の二塁手と今でもいわれ続ける名手だった。

その高木氏と「どっこいどっこいかもしれない」と星野監督が目を細めるのが、二塁手の藤田一也だ。DeNAから昨季途中トレードで移籍してきた31歳。横浜時代の2011年には、二塁手として49試合の出場ながらシーズンを通して無失策を記録するなど以前から守備には定評があったが、今季はさらに磨きがかかっている。

安定感のあるフィールディングに素早いスローイング。横っ跳びで捕球するような派手なプレーは少ないが、安打性の当たりも何事もなかったように捕球してしまうところに藤田のすごさがある。ポジショニングの巧みさは現役時代の高木氏と重なる部分がある。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

インサイド/アウトサイド 一覧

フォローする
CSファイナルステージの開幕前日練習で調整する巨人・菅野。復帰登板は実現しなかった=共同共同

 腰痛で戦線離脱していた巨人のエース菅野智之(30)が日本シリーズの大舞台で復帰する予定だ。今季はコンディションに不安を抱えたままマウンドに上がるケースが多く、球威、制球力ともに精彩を欠いた「らしくな …続き (2019/10/22)

19歳の戸郷は9月27日の本拠地最終戦でプロ初勝利を挙げた=共同共同

 7年ぶりの日本一を目指すセ・リーグ覇者の巨人は10月9日からクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに臨む。ベテランの阿部慎之助(40)が今季限りでの現役引退を表明。長年チームを支えてきた功 …続き (2019/10/8)

18日のオリックス戦で好投したニール。自身の連勝を10に伸ばした=共同共同

 超強力打線の援護があるから少々の失点には目をつぶろう。ファンも半ばあきらめの目で見ていた西武の先発陣。それが9月に入ってから安定した投球を見せるようになってきた。ソフトバンクとの激しい優勝争いが大詰 …続き (2019/9/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]