スペシャル

フォローする

山内さんのマリナーズに対する秘めた思い
スポーツライター 丹羽政善

(1/4ページ)
2013/10/7 7:00
共有
印刷
その他

先月19日に亡くなった任天堂前社長の山内溥(ひろし)さんから、間接的に連絡があったのは、2003年の夏前――長い雨期を終えたシアトルに、ようやく柔らかな日差しが降り注ぐようになった頃だったと記憶する。

「お伺いしたいことがあるのですが」

日本経済新聞夕刊で連載していたあるコラムをお読みになり、気になることがある、というのだった。

ズバリ指摘「書き足りないのでは」

コラムの内容はマリナーズについて。正直なところ、間違いでもあるのかと思った。コラムには山内さんがマリナーズの筆頭オーナーになるまでの経緯も書いた。

山内さんが筆頭オーナーとなった当時、マリナーズは移転の危機にあり、ワシントン州選出のスレード・ゴードン上院議員を中心としたグループが、地元の有力企業に出資を求め、存続を訴えていた。しかしながら、成績が低迷し、客の不入りが続くチームへの投資などどこも興味を持たない。そんなとき山内さんが「では、協力しましょう」と了承した――という話に加え、他球団の一部オーナーから抵抗があったことにも触れている。

ただ、何度確認しても誤りはない。そもそも、掲載前にも慎重に流れをたどっていた。

自分の中で引っかかっている点があるとしたら、それは全部を書ききれなかったこと。ネットとは違って、紙面には限りがある。取材したことの半分も字にできなかった。そこに消化不良があったが、聞きたいというのはなんと、「書き足りないことがあったのではないですか。それはなんだったのですか」という指摘だった。山内さんはそこまで読み取っておられた。

野球やチームと距離をとるも…

「興味はない」「正直何とも思っていない」

山内さんは1992年にマリナーズを買収したとき、野球やマリナーズについて距離のある発言をしており、「あくまでも地域貢献」とも話していた。それが、マリナーズに対する山内さんの変わらぬスタンスだと思ってきたが、どうやらまるで違った。いや、変わったのか。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
2004年10月、シーズン262安打を達成した=共同共同

 米大リーグ、マリナーズのイチローが21日、現役引退を表明した。オリックスやマリナーズ時代の同僚で、プライベートでも親交がある長谷川滋利氏(50)に、数々の偉業を成し遂げた希代の大打者の素顔を語っても …続き (3/23)

長谷川氏は「まずは日本で培ってきたことを出してほしい」と菊池に助言する=共同共同

 米大リーグのマリナーズとアスレチックスは20、21日に東京ドームで開幕2連戦を行う。マリナーズのイチローは2012年以来の日本凱旋で18年5月2日以来の公式戦出場が有力で、第2戦には菊池雄星が先発し …続き (3/19)

セミナーで対談する神事さん(左)と丹羽さん

 米大リーグで投打の「二刀流」に挑むエンゼルスの大谷翔平が躍動しています。その一挙手一投足が日々のニュースで取り上げられています。日経電子版は5月14日、東京・大手町で「大谷翔平、なにがすごい!? デ …続き (2018/6/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]