米ツアー ズームアップ

フォローする

欠場多くても年間王者に? 米PGA、抜け道に困惑
米ゴルフウイーク誌記者 ジム・マッケイブ

(1/3ページ)
2013/10/2 7:00
共有
印刷
その他

男子ゴルフにスティーブ・ストリッカーという米国選手がいる。 米PGAツアーに興味がある人なら、大半は知っているのではないか。彼は人格者として知られ、ゴルフのマナーやメディアへの対応、他の選手との関係のどれをとっても、非の打ちどころのない選手である。

これまでトラブルという言葉とも無縁だったが、先日、珍しく彼の行為がちょっとした議論を巻き起こした。いや、正確には議論というか、米PGAツアーの関係者を慌てさせた。

出場試合数を絞ったストリッカー

ご存じかと思うが、ゴルフのプレーオフ、別名「フェデックスカップ」で優勝すると、1000万ドル(約9億8000万円)のボーナスがもらえるが、そこへ到達するにはツアーの試合に出場し、成績に応じたポイントを重ねることが前提だ。

そもそもプレーオフで勝ち進む上でもポイントが重要になっている。その裏には、選手にできるだけ多く試合に出てほしいという米PGA側の思惑があり、ポイントを稼ぐ際、試合に多く出場する選手には有利に、少ない選手には不利にと意図的に仕組まれている。

ところが今年、ストリッカーは米PGAの狙いに反し、出場スケジュールを絞った。全英オープンすら参戦を見合わせ、四大大会などを除けばわずか10試合しか出ていない。

想定外のプレーオフへの上位進出

今年2月23日に46歳になった。自分の体力と相談した結果ということのようだが、十分に休養をとりながらプレーしたことがプラスに作用したか、前半から着実に好成績を収めると、プレーオフにはフェデックスカップポイント20位で進出したのである。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

米ツアー ズームアップ 一覧

フォローする
タイガー・ウッズはこれまでも長期欠場が何度かあったが、復帰後すぐにブランクの影響を感じさせずに結果を残すケースが少なくない=ゲッティ共同ゲッティ共同


 米男子ゴルフはコロナ禍で大幅に予定が変更されたことから、今週、いよいよ今季最初のメジャー大会が行われる。以下のデータだけを切り取って判断するなら、この選手が全米プロ選手権(カリフォルニア州、TPCハ …続き (8/5)

トラベラーズ選手権の第1ラウンドで一緒に回るマッカーシー(左)、ウォレス(左から2人目)、コーリー(右)=APAP

 大リーグ、プロバスケットボールNBAの開幕や再開も決まり、新型コロナ禍でも徐々に米プロスポーツが開催に向けて動き出している。男子ゴルフの米ツアーは再開してすでに3大会が終了した。
 ただ、早くも波乱含 …続き (7/1)

ミケルソンのショートゲームは今も健在。トーナメントで勝つチャンスはある=USA TODAYUSA TODAY

 ライブスポーツに対する飢えを、象徴するようだった。
 先日、タイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン(ともに米国)らによる新型コロナウイルス対策支援を目的としたチャリティーマッチが行われると、ケーブル局の …続き (6/3)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]