/

ノーベル経済学賞の約40年を振り返る

2013年のノーベル経済学賞はシカゴ大学教授のユージン・ファーマ氏、ラース・ハンセン氏と、米エール大学教授のロバート・シラー氏の3教授に決まりました。ノーベル経済学賞は若いノーベル賞です。スウェーデン銀行の創立300周年を記念して1969年に加えられました。過去にはミルトン・フリードマン教授ら優れた学問的業績をあげ、世界の経済政策にも大きな影響を与えた経済学者が受賞してきました。ジャネット・イエレン次期米連邦準備理事会(FRB)議長の夫は、ノーベル経済学賞受賞者のジョージ・アカロフ氏です。一方、受賞者が経営に関わった米ヘッジファンドが巨額の損失を出して事実上破綻した例もあります。経済学の問題意識は複雑な人間行動自体を解明しようとより深く広くなってきています。日本人の受賞者は残念ながらまだ出ていません。ノーベル経済学賞の約40年を振り返りました。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン