/

米大統領選の行方は? コロナ対応や人種問題が左右

バイデン前副大統領は強い黒人支持者を持つ

11月3日の米大統領選が徐々に近づいてきたわ。共和党のドナルド・トランプ大統領(73)と民主党のジョー・バイデン前副大統領(77)の決戦ね。新型コロナウイルスへの対応が、決め手になるのかな。投開票日まで5カ月を切った選挙の行方について、木坂京子さんと小松奏子さんが小竹洋之編集委員に聞いた。

――コロナ危機は選挙戦にどう影響しますか。

大統領選の争点は多岐にわたりますが、「親トランプ」か「反トランプ」かが最大の対立軸になるでしょう。内向きの政策や独善的な政治を貫くトランプ氏を容認するか、否定するかの選択です。

新型コロナのまん延と深刻な不況が襲い、かつてない危機に対処できる指導者は誰かという視点も加わりました。ウイルスという見えない敵との戦いに心を砕く「消毒ママ(サニタイザー・マム)」らの投票行動が、勝敗を左右するとの見方も出ています。

――支持率ではバイデン氏がリードしています。

米政治サイトのリアル・クリア・ポリティクスで6月1日時点の平均支持率をみると、バイデン氏が49%でトランプ氏の42%を上回ります。フロリダやペンシルベニア、ウィスコンシンなどの激戦州も、バイデン氏優勢です。ただ勝敗はまだ読めません。

民主党中道派のバイデン氏は上院議員や副大統領を歴任し、現実的な政策と親しみやすい性格で知られます。トランプ氏の再選を阻み、民主主義や国際協調を主導する米国に戻りたい人々の期待を集めているのは確かです。

ただ民主党の大統領候補を争った左派のバーニー・サンダース上院議員ほど訴求力がなく、セクハラ疑惑や失言癖で物議を醸す場面も目立ちます。コロナ危機でオンラインの会見や集会を迫られており、露出度でトランプ氏に劣るという弱みもあります。

――トランプ氏には現職の強みがありますね。

トランプ氏の発信力は侮れません。いまは「戦時の大統領」と称し、コロナ危機への対応を広くアピールするのに躍起です。支持基盤の白人や中間層に訴える政策にも余念がなく、対中圧力の強化や移民受け入れの一部停止などに動いています。共和党内の支持率は80~90%で推移しており、再選の可能性を過小評価することはできません。

一方、1991年の湾岸戦争後や2001年の同時テロ後に比べて大統領の支持率が上がらず、バイデン氏との差を縮められないのも事実です。危機管理の甘さや科学的知見の軽視で批判を浴び、新型コロナの感染者に消毒液の注射を提案するといった失態を演じたのが響いています。

売り物だった戦後最長の景気拡大が途切れたのも、大きな痛手でしょう。国内総生産(GDP)の減少や失業率の上昇は、08年のリーマン・ショック後より深刻です。景気の低迷が長引けば、再選の強い逆風になりかねません。白人警官の暴行による黒人死亡事件に端を発した全米抗議デモの影響も気になります。

――誰が勝つかで世界も大きく変わりそうです。

米調査会社ユーラシア・グループは1月の段階で、20年の世界10大リスクのトップに「誰が米国を統治するか」をあげていました。コロナ危機の収束と今後の世界の再建をけん引する超大国の指導者選びは、同社の想定以上に重要になっています。もちろん同盟国の日本にとっても目が離せません。

トランプ氏が勝てば、米国第一の経済・外交政策が先鋭化し、人種などを巡る社会の分断が深まりそうです。自由で寛容な米国の変質が決定的となり、主要国との協調体制にもひびが入るでしょう。

バイデン氏が勝てば、温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」や寛容な移民政策への回帰などにかじを切る公算が大きくなります。北朝鮮、イランなどの地政学的な問題を巡る同盟国との協力関係も再構築するとみられます。ただ対中強硬姿勢は大きく変わらないかもしれません。トランプ氏のような高関税政策は自制しても、ハイテクや人権などの分野で強い圧力をかけ続ける可能性があります。

ちょっとウンチク

支持基盤の鼓舞に活路

米調査会社ギャラップによると、1980年以降に再選を果たした歴代大統領の選挙直前の支持率は、おおむね50%を超えていた。唯一の例外はブッシュ(子)氏の48%だが、時には50%を上回る局面もあったという。それより低い30%台に沈んだカーター氏とブッシュ(父)氏は再選を逸した。

同社の調査でトランプ氏が「安全圏」の50%を突破したことはない。とはいえバイデン氏も現職を圧倒する熱量を欠く。保守とリベラルの分断が極まる米国で、幅広い国民の支持を得るのは難しい。審判の日までに支持基盤をどれだけ鼓舞できるかが、勝敗を決するだろう。(編集委員 小竹洋之)

今回のニッキィ


小松 奏子さん 電子部品メーカー勤務。ブログを週2、3回更新する。公園に出かけたことや食事、好きな音楽といった日常をつづる。「知人かどうかにかかわらず、どんな反響があるか楽しみ」
木坂 京子さん 営業職。春以降、運動不足を意識し、自宅の前の歩道でなわとびをする。一度にとぶのは100回程度だが、運動をした気分になれる。「何より、自分のペースでやれるのがいい」
[日本経済新聞夕刊 2020年6月8日付]

「ニッキィの大疑問」は原則月曜掲載です。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン