/

この記事は会員限定です

悠々球論(権藤博) 巨人・原監督、そんなに急いでどこへ?

[有料会員限定]

巨人をセ・リーグ連覇に導いた原辰徳監督に拍手を送ろう。と同時に勝手ながら、投手コーチとしての視点から、注文をつけさせてもらう。

7月26、27日の中日―巨人戦(ナゴヤドーム)。この2試合で原監督は沢村拓一、杉内俊哉の両先発をそれぞれ4回途中、5回途中で降ろしている。

投手陣全体に影響する危険な交代

沢村は7四球、杉内は4四球と制球が定まらなかった。ベンチからするともっとも不愉快な内容であるのは間違...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン