2019年6月26日(水)

スペシャル

フォローする

IOC、競技を翻弄 分配金巡り各団体が規則変更

(1/2ページ)
2013/9/9 18:26
保存
共有
印刷
その他

投票後に予定されていた野球・ソフトボールとスカッシュの記者会見はキャンセルされた。両団体のやるせない思いは察するにあまりある。国際オリンピック委員会(IOC)の意向に添うように、10年近い時間をかけてルールも組織も変えてきたからだ。まさにはしごを外された思いだろう。

多少なりとも自責の念がIOC委員たちにもあったのではないか。レスリングが1回目の投票で勝負を決めたが、過半数をわずかに1上回る49という獲得票数は決して多くない。1度はレスリングを除外した2月の理事会決定に首をかしげつつも、野球・ソフトとスカッシュへの同情票もかなり集まったと見ることもできる。

IOCのカラーロ・プログラム委員長は「このやり方を続けるか、10日に決まる新会長の下で違うやり方を取るか。いずれにしても、常により良いシステムを模索しないといけない」と言うにとどめた。

そもそも、各競技がこれほどまでに「オリンピックファミリー」に入りたがるのはなぜか。

IOCは収入の90%超を各国のオリンピック委員会や各競技の国際競技連盟(IF)、五輪の大会組織委員会に分配している。ロンドン五輪からのIFへの分配金は5億1960万ドル(約500億円)。1大会前の北京五輪の2億9600万ドルから75%の大幅増となった。

IOCは観客動員数、メディアでの露出など複数の項目に基づいて全競技をランク付けしている。これに従って分配金も傾斜配分する。ロイター通信によるとロンドン五輪ではA~Dの4段階にランク分けされ、最高の国際陸上連盟が得た分配金は4700万ドル。以下、Bランクの競技が2200万ドル、Cが1600万ドル、Dは1400万ドルだった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

20年東京五輪コラム


電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
NBAのドラフト会議でウィザーズから日本人初となる1巡目指名を受け、笑顔で天を指さす八村(NBAE提供)=ゲッティ共同ゲッティ共同

 「クラスメートにバスケ部の子がいて、その子が『来い来い』ってしつこくて(笑)」
 2010年4月、八村塁は富山市立奥田中学に入学。同じクラスとなり、春休みからバスケットボール部の練習に参加していた岡山 …続き (6/24)

カナダ勢で初めてNBAの頂点に立ち、優勝トロフィーを掲げて喜ぶラプターズの選手ら=APAP

 2018~19年シーズンの米プロバスケットボールNBA王者を決めるファイナル(決勝)で、トロント・ラプターズが初優勝を果たした。6月13日、3勝2敗と王手をかけて迎えた敵地での第6戦で、3連覇を狙っ …続き (6/17)

 3月末に公務員ランナーを卒業した川内優輝(32、あいおいニッセイ同和損保)がプロに転向して活動の場を広げている。全国津々浦々、毎週のようにレースを重ねてきたスタイルを生かして地域に貢献。市民ランナー …続き (5/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]