2019年5月23日(木)

スペシャル

フォローする

IOC、競技を翻弄 分配金巡り各団体が規則変更

(1/2ページ)
2013/9/9 18:26
保存
共有
印刷
その他

投票後に予定されていた野球・ソフトボールとスカッシュの記者会見はキャンセルされた。両団体のやるせない思いは察するにあまりある。国際オリンピック委員会(IOC)の意向に添うように、10年近い時間をかけてルールも組織も変えてきたからだ。まさにはしごを外された思いだろう。

多少なりとも自責の念がIOC委員たちにもあったのではないか。レスリングが1回目の投票で勝負を決めたが、過半数をわずかに1上回る49という獲得票数は決して多くない。1度はレスリングを除外した2月の理事会決定に首をかしげつつも、野球・ソフトとスカッシュへの同情票もかなり集まったと見ることもできる。

IOCのカラーロ・プログラム委員長は「このやり方を続けるか、10日に決まる新会長の下で違うやり方を取るか。いずれにしても、常により良いシステムを模索しないといけない」と言うにとどめた。

そもそも、各競技がこれほどまでに「オリンピックファミリー」に入りたがるのはなぜか。

IOCは収入の90%超を各国のオリンピック委員会や各競技の国際競技連盟(IF)、五輪の大会組織委員会に分配している。ロンドン五輪からのIFへの分配金は5億1960万ドル(約500億円)。1大会前の北京五輪の2億9600万ドルから75%の大幅増となった。

IOCは観客動員数、メディアでの露出など複数の項目に基づいて全競技をランク付けしている。これに従って分配金も傾斜配分する。ロイター通信によるとロンドン五輪ではA~Dの4段階にランク分けされ、最高の国際陸上連盟が得た分配金は4700万ドル。以下、Bランクの競技が2200万ドル、Cが1600万ドル、Dは1400万ドルだった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

20年東京五輪コラム


電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
けが人続出の状況でも2大エースの一人、カリー(右)が大活躍。ウォリアーズの自信に満ちたプレーは変わらない=ロイターUSA TODAY Sports

 2018~19シーズンのNBA(全米バスケットボール協会)王者を決めるプレーオフも大詰めに近づいている。西カンファレンスではゴールデンステート・ウォリアーズ、東カンファレンスではミルウォーキー・バッ …続き (5/20)

住む地域にウルトラマラソンができたのだから、避けるわけにはいかないではないか=撮影・池田博一撮影・池田博一

 ランナーはいったい何キロ走れば満ちたりるのだろう。ランナーである私が問うのもおかしなことだが、ランナーは何キロ走れば気が済むのだろう。
 東京マラソンの発足をきっかけに爆発的なランニングブームが起こり …続き (4/3)

7日のサンダー戦で渡辺(右から3人目)は日本選手として初の2桁得点を挙げた=APAP

 米プロバスケットボールNBA、グリズリーズとツーウエー契約を結び、日本選手で2人目のNBA選手になった渡辺雄太が徐々に力を発揮し始めている。
 2018年10月27日のサンズ戦でデビュー。その後はなか …続き (2/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]