スペシャル

フォローする

東京圏に33競技場、入場券平均7700円 20年東京五輪

(1/3ページ)
2013/9/8 5:37
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪は7月24日~8月9日の16日間、最大28競技の熱戦が計37の競技場で繰り広げられる。成熟した都市インフラを活用し、コンパクトな会場配置で「選手本位」の大会とする計画だ。

東京招致委員会が国際オリンピック委員会(IOC)に提出した立候補ファイルによると、開会式は7月24日午後8時から。約5万4000人収容の国立競技場(東京・新宿)を約8万人収容できる「オリンピックスタジアム」に建て替え、メーン会場とする。

チケットの6割は4400円以下に

先行して1次リーグが始まる男女サッカー以外の競技は翌25日から始まる。IOCが高く評価したのがコンパクトな会場配置だ。サッカーの宮城スタジアム(宮城県利府町)などを除く33競技場は東京圏にある。このうち85%に当たる28カ所は、晴海ふ頭(東京・中央)にできる選手村から8キロ圏内。選手の87%は選手村から競技場まで20分以内で移動できるという。

選手はもちろん観客にも配慮する。チケットは「誰もが見ることのできる手ごろな価格」に設定する。開会式が2万5000~15万円、陸上や水泳といった人気競技の決勝などで最高3万円になる見込みだが、チケット全体の平均価格は7700円、約60%は4400円以下にするという。全国4万店のコンビニエンスストアやインターネットを通じて販売する。

代々木公園などに大型スクリーン

さらにチケットのない人も五輪を堪能できるように代々木公園、日比谷公園、上野恩賜公園、井の頭恩賜公園には大型スクリーンを設置する。

あらゆる鉄道やバスを利用できる共通ICカードのシステムが普及した東京の特性も生かす。大会期間中は、例えば観戦チケットと統合し、カード1枚で公共交通機関を無料利用して移動し、競技観戦できる仕組みを整える。都営地下鉄大江戸線などの主要交通機関は24時間運行する。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
自身が監修した新ラケット「アストレル」を手にする伊達さん

 女子テニスの元世界ランキング4位、伊達公子さんがヨネックスと共に女子ジュニア育成に乗り出して1年。「やりたいことがどんどん増えていった。でも1人でできることは限られると思っていた」ところに、協力を申 …続き (7/2)

日韓両リーグのアジア枠などの覚書に調印し、笑顔を見せるBリーグの大河正明チェアマン(右)とKBLの李廷大コミッショナー(2019年5月)

 バスケットボール男子Bリーグのアジア展開が本格化する。今秋開幕の来季から初採用される「アジア枠」を活用し、B1(1部)三遠がフィリピン代表を獲得。韓国期待の若手もB1信州に入団した。両国を含む東アジ …続き (7/1)

F1は7月5日決勝から開幕。第8戦までは欧州内を転戦する(オーストリアGPが開催されるレッドブルリンク)=APAP

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れていた自動車レースのF1シリーズが7月5日決勝のオーストリアグランプリ(GP)でいよいよ開幕する。当初予定されていたオーストラリアでの開幕戦はマクラーレンのス …続き (6/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]