再生エネ買い取り制度、課題は 植田和弘氏と藤井宏明氏に聞く
創論

(1/2ページ)
2013/9/8 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
その他
 太陽光や風力など再生可能エネルギーでつくる電気を電力会社が固定価格で買い取り、普及を促す制度が始まって1年が経過した。制度の評価と再エネ促進の課題について、買い取り価格を決める委員会のトップを務める京都大学大学院の植田和弘教授と、ソフトバンクの自然エネルギー事業会社であるSBエナジー(東京・港)の藤井宏明副社長に聞いた。

――買い取り制度の1年目の評価は。

「制度は再エネ促進の起爆剤になると言っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

再生エネルギーの買い取り制度を巡る動き

再生エネルギーの買い取り制度を読み解く


電子版トップ



[PR]