スペシャル

フォローする

誇り高くてミーハー 一筋縄でいかぬIOC委員

(1/6ページ)
2013/9/6 7:00
保存
共有
印刷
その他

国際オリンピック委員会(IOC)は7日(日本時間8日早朝)、ブエノスアイレスで総会を開き、2020年夏季五輪の開催都市を決める。招致を目指す東京、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)の3都市は、投票権を持つ約100人のIOC委員にあの手この手で接近し、支持を求めてロビー活動を展開してきた。最近ではオバマ米大統領やプーチン・ロシア大統領ら大国の国家元首までも競うように活動に加わる五輪招致レース。そのカギを握るIOC委員とは一体、どんな人たちなのか。

11人が「大阪に入れた」、実際は6票

1964年東京大会後に日本から夏季五輪の開催都市に立候補するのは88年大会の名古屋(開催都市はソウル)、2008年大会の大阪(同・北京)、16年大会の東京(同・リオデジャネイロ)に続いて今回が4度目。過去3連敗の招致で、日本の立候補都市はIOC委員の想定外の投票行動に何度も涙をのんできた。

大阪が立候補した08年大会の開催都市は01年のモスクワ総会で決まった。大阪招致委員会の参与を務めた早大の原田宗彦教授は、事前の票読みで「54票、いけまっせ」と予測する関係者さえいたと明かす。だが、実際に1回目の投票で獲得したのはわずか6票で惨敗。当時の日本オリンピック委員会(JOC)の八木祐四郎会長(故人)は投票後、11人のIOC委員から「大阪に入れたよ」と声をかけられていた。匿名投票だから真相は分からない。間違いなく5人はうそをついたことになる。

「1回目東京、2回目は別の都市」も

16年夏季五輪の開催都市を決めた09年のコペンハーゲン総会では1回目の投票で東京は22票を獲得。本命とみられたシカゴが最下位の18票で脱落する意外な展開だった。開催都市を決める選挙は過半数を獲得した都市がない場合、最下位を落とし、過半数を得る都市が出るまで投票を繰り返す。3位で1回目を通過した東京はシカゴの18票分を取り込んでの逆転を期した。

だが、2回目の投票ではシカゴ票を全く取り込めなかったばかりか、1回目から2票減らして敗退した。「1回目は東京、2回目は別の都市」と複数の都市と取引していた委員がいたと考えられる。こうした票のやりとりは、IOCの投票では珍しいことではない。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
ロケッツ戦でハーデン(手前)とマッチアップした八村=共同共同


 ずっと、八村塁(ウィザーズ)の表情が硬かった。
 記者会見でも感情を消す。たまに頬(ほお)を緩めるが、それは愛想笑いに近い。かといって、ぞんざいに取材に応じるわけではない。
 「じゃあ、ここでやろうか」 …続き (11/11)

「(八村)塁さんのように日本を背負う選手になりたい」と田中

 史上最年少でバスケットボール男子の日本代表候補に選ばれた17歳の田中力が、留学先のIMGアカデミー(米フロリダ州ブラデントン)で2年目のシーズンを迎えた。「去年よりバスケがすごく良くなっている」と表 …続き (11/6)

層の薄いウィザーズで、八村はルーキーながら主力級の働きをしている=共同共同

 開幕から4試合ではすべて2桁得点を記録し、平均18.0得点、7.0リバウンドという好成績……。ワシントン・ウィザーズの一員としてプレーする八村塁の米プロバスケットボールNBAキャリアは、まずは最高の …続き (11/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]