五輪で最高の演技を 羽生、3伯楽と充実の日々

(1/4ページ)
2013/9/11 7:00
保存
共有
印刷
その他

4シーズン前、フィギュアスケートのジュニアタイトルを総なめにした仙台の中学3年生にとって、五輪は「夢の世界」でしかなかった。シニアになって3シーズン、羽生結弦(18、ANA)は世界選手権銅メダリスト(2012年3月)となり、全日本王者(同12月)にもなった。そして今、カナダ・トロントで「こんな早く視野に入ると思わなかった」という五輪に向けてトレーニングを積んでいる。

ネットで受講、午後は3部構成の練習

トロントの練習拠点に向かう羽生。部外者立ち入り禁止のため、落ち着けるという

トロントの練習拠点に向かう羽生。部外者立ち入り禁止のため、落ち着けるという

トロント中心部から地下鉄、バスを乗り継いで約30分、羽生が昨季から拠点にするトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブにたどり着く。テニスコートやジム、芝生を見渡すカフェもある、緑豊かな完全プライベートクラブだ。

今春、早大に入学した羽生は午前8時すぎに起きる。インターネットを活用した「eスクール」で大学の講義を受け、午後からは3部構成の練習。90分のスケート練習を2回と氷上以外の練習をこなして帰宅すると、夜12時までに就寝する。

寝る前のイメージトレーニングも日課だ。昨季のグランプリファイナルで経験したソチ五輪会場を思い出し、五輪で滑る自分をイメージする。「外食もおっくうになってきちゃった」と羽生。自宅とリンクを往復するだけの日々も、充実しているので気にならないようだ。

選手の意向を優先しプログラム決定

8月までは基礎的な練習に重点を置いた。細かなスケーティング、ジャンプは省きつつ、曲を流してプログラムを滑り切る。ジャンプはジャンプのみまとめて練習し、特に4回転に特化している。

「トロントでは集中できる」と話す羽生

「トロントでは集中できる」と話す羽生

教えるブライアン・オーサー・コーチは「技術的に気づいたことは注意する。モチベーションを上げるのがこの時期の主な仕事。五輪は本当に大きな仕事だから、すべてのプロセスを楽しんでほしい。好きなら楽しいし、楽しければ熱中する」と話す。

だから、何かを決めるときは必ず選手と一緒に考える。特にプログラムは選手の意向を優先する。好きな曲なら毎日の練習も楽しいからだ。結果として、ショートプログラム(SP)は昨季と同じものになった。「ユズルが昨季と同じ雰囲気の音楽を望んでいた。探したけれど必ず『パリの散歩道』に戻ってしまう。得点も出ていたし、そのまま使うことにした。2年続けて同じものを滑ることは僕もあったし、今もパトリック・チャン(カナダ)がよくやる」とオーサー・コーチ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]