ニュースまとめ読み

フォローする

球団創設9年目の初栄冠 写真で振り返る楽天V

(1/5ページ)
2013/9/26 21:47
保存
共有
印刷
その他

楽天がパ・リーグ初優勝を決め、喜ぶファン(26日夜、仙台市宮城野区のKスタ宮城)=写真・上間孝司

楽天がパ・リーグ初優勝を決め、喜ぶファン(26日夜、仙台市宮城野区のKスタ宮城)=写真・上間孝司

仙台市の日本製紙クリネックススタジアム宮城を本拠地とする「東北楽天ゴールデンイーグルス(楽天)」が26日、プロ野球パシフィックリーグで初優勝しました。球団創設9年目の快挙です。

2004年6月に浮上したオリックス・ブルーウエーブと近鉄バファローズの合併を発端とするプロ野球再編問題(1リーグ11球団構想)に対し、プロ野球ファンが猛反発。彼らの声を背に楽天は誕生しました。ただ、発足当初は選手層が薄く、1年目の05年は首位ソフトバンクと51.5ゲーム差の最下位。その後も09年に2位となっただけで、Bクラスの常連でした。

優勝を決め、喜ぶ楽天の田中(26日夜、西武ドーム)

優勝を決め、喜ぶ楽天の田中(26日夜、西武ドーム)

転機となったのはやはり11年3月11日の東日本大震災だと思います。被災地の球団として何ができるのか。同年4月の開幕戦の日、星野監督は「君たちの優しさは東北の人たちに受け入れられたはずだ。今度は強さを見せよう」と奮起をうながしたそうです。2年半越しの約束をようやく果たした今、監督、コーチ、選手ら球団関係者だけでなく、なによりも被災地の地元ファンの喜びの声が聞こえてくるような気がします。

楽天リーグ初制覇までの歴史を写真で振り返ってみました。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

悠々球論(権藤博)

インサイド/アウトサイド

チェンジアップ(豊田泰光)

監督たちの戦い

駆ける魂「楽天・嶋基宏」

電子版トップ

電子版トップ特集トップ