/

球団創設9年目の初栄冠 写真で振り返る楽天V

楽天がパ・リーグ初優勝を決め、喜ぶファン(26日夜、仙台市宮城野区のKスタ宮城)=写真・上間孝司

仙台市の日本製紙クリネックススタジアム宮城を本拠地とする「東北楽天ゴールデンイーグルス(楽天)」が26日、プロ野球パシフィックリーグで初優勝しました。球団創設9年目の快挙です。

2004年6月に浮上したオリックス・ブルーウエーブと近鉄バファローズの合併を発端とするプロ野球再編問題(1リーグ11球団構想)に対し、プロ野球ファンが猛反発。彼らの声を背に楽天は誕生しました。ただ、発足当初は選手層が薄く、1年目の05年は首位ソフトバンクと51.5ゲーム差の最下位。その後も09年に2位となっただけで、Bクラスの常連でした。

優勝を決め、喜ぶ楽天の田中(26日夜、西武ドーム)

転機となったのはやはり11年3月11日の東日本大震災だと思います。被災地の球団として何ができるのか。同年4月の開幕戦の日、星野監督は「君たちの優しさは東北の人たちに受け入れられたはずだ。今度は強さを見せよう」と奮起をうながしたそうです。2年半越しの約束をようやく果たした今、監督、コーチ、選手ら球団関係者だけでなく、なによりも被災地の地元ファンの喜びの声が聞こえてくるような気がします。

楽天リーグ初制覇までの歴史を写真で振り返ってみました。

始まりはプロ野球再編問題■

近畿日本鉄道は、大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブを合併することでオリックスの宮内義彦会長(ブルーウェーブオーナー)と合意したと話した(2004年6月)
プロ野球近鉄とオリックスの統合問題を巡り、球団の合併反対を訴える近鉄ファン(04年9月、大阪ドーム)

近鉄とオリックスの球団合併問題で選手会側がストライキに突入する可能性が高まり、報道陣に囲まれる日本プロ野球選手会の古田敦也会長=当時(04年9月、横浜)=共同
近鉄ファン(当時)に囲まれ、試合を観戦する堀江貴文氏。この人も新球団設立に名乗りを上げた(04年7月、大阪ドーム)=共同

田尾安志監督(05年)■

楽天の初代監督就任が決まり、記者会見する田尾安志氏(右)と楽天の三木谷社長(04年10月、東京都港区)
リードを許し、苦しい表情の楽天・田尾監督(05年8月、フルスタ宮城)=共同

野村克也監督(06~09年)■

監督通算1500勝を達成し、田中(右)から受け取ったウイニングボールを手にする楽天・野村監督(09年4月29日、Kスタ宮城)=共同
CSシリーズ第4戦終了後、日本ハム、楽天の両軍選手らから胴上げされる楽天・野村監督。手前左は日本ハムの梨田監督(09年10月、札幌ドーム)=共同

ブラウン監督(10年)、星野仙一監督(11年~)■

トスバッティングを手伝う楽天のブラウン監督(10年2月、久米島のキャンプで)=共同
歴代10位の監督通算1066勝目を挙げ、花束を手にファンの声援に応える楽天・星野監督(13年5月5日、Kスタ宮城)=共同

在籍した主なスター選手たち■

現在は米シアトル・マリナーズで活躍する岩隈久志投手=共同
横浜DeNAベイスターズへ移籍した中村紀洋内野手=共同
中日ドラゴンズに移籍し今年7月に引退を表明した山崎武司内野手=共同

被災地の球団として■

避難所を訪れた楽天の星野監督ら(11年4月7日夜、仙台市若林区の六郷中学校)=共同
避難所に設置されたテレビで楽天の試合をユニホーム姿で観戦する子どもたち(11年4月12日、宮城県女川町)

2年半ぶりの約束果たす■

球団創設9年目で初めて優勝マジック「28」が点灯し、斎藤と抱き合って喜ぶ楽天・嶋(13年8月28日、京セラドーム)=共同
優勝を決め、喜ぶ楽天の田中(26日夜、西武ドーム)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン