/

台湾進出、元総統来訪の縁 日本流の温泉文化広める

加賀屋相談役 小田禎彦氏(10)

台湾に日本の加賀屋と同じサービスを持ち込んだ(前列右から5人目が本人)

石川県内にとどまらず、日本の旅館の代表格である加賀屋(同県七尾市)。3代目の社長で現取締役相談役の小田禎彦氏は、旅行業界紙の「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で長く連続日本一に選出されたサービスの礎を築いてきた。小田氏の「仕事人秘録」第10回では、台湾への進出を振り返ります。

◇  ◇  ◇

リーマン・ショックを乗り越え、台湾進出を実現

2010年、台湾に進出し、現地企業と合弁で旅館の運営を始める。李登輝・元総統が加賀屋を訪れたことがきっかけになった。

台湾との縁ができたのは1990年代半ば。大手自動車会社が台湾の販売会社社員を研修を兼ねて日本に招いた。せっかくだから日本らしい体験をしてほしいと考え、加賀屋での宿泊を含むプログラムにしたという。約300人が訪れ、好評だった。台湾の旅行会社は一般の人にも人気になると判断したようだ。現地からの旅行客が定期的に来てくれるようになった。

04年12月には、総統を引退していた李登輝さんがお越しになった。「日本ですごいものに2つ出会った。1つは秒刻みで精密に動く新幹線。もうひとつは加賀屋の行き届いたおもてなしだ」と言っていただいた。日本流のおもてなしを台湾の若者に教えてほしいとお願いされた。

力になりたい。そう思っていたところ、現地不動産会社の日勝生活科技から宿泊施設をやりたい、と打診された。着物の女性がお酒をつぐといった、日本式サービスを持ってきてほしいと要請された。

準備が動き出したところで起きたのがリーマン・ショック。「大丈夫かな」と怖さもあったが、李登輝さんからお願いされたことでもある。日勝生とブランドの使用やノウハウの提供についてフランチャイズ契約を結び、台北市北部の北投温泉に「日勝生加賀屋」を設けることにした。

「リョカン」式のサービスを輸出

建物、料理など、すべて日本流にした。客室係は全員、日本語ができる。

建物は国内と同様、大林組にお願いした。能登半島の海産物などを現地に送り、日本と変わらない料理を楽しんでもらっている。

心配は客室係をどう確保するか。日本語が堪能な人を10人雇い、リーダーに育てて他のメンバーを教えてもらおうと考えた。ところが、次に募集した70人に300人以上の応募があり、こちらも日本語を勉強している人ばかり。日本の文化や流行に興味を持ち、言葉も学んでいたようだ。実務を教えるにも、日本語ができた方が都合がいい。

開業前に訓示のため現地に行くと、80人が日本語で声をそろえて「サービスとは」「加賀屋の品質方針とは」と唱和する。日本の研修担当者が相当たたき込んだな、と思った。今も現地に聞いてみると「台湾の客室係は一度覚えた作法を崩すことがありません」という。おかげでいいサービスという評価を得ているようだ。

もちろん、客室係が部屋へ入って世話をする日本流が、全ての台湾人に受けるわけではない。現地に合わせた改善も続けている。ただ、日本のおもてなしは想像以上に海外で評価が高いと実感できた。現在もアジアや欧米から、進出の依頼を多くいただいている。まだ製造業には足元にも及ばないが、日本のソフトの1つとして、「リョカン」が外貨を稼ぐ力になれるかもしれない、と考え始めている。

[日経産業新聞 2015年3月10日付]

「仕事人秘録セレクション」は金曜更新です。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン