2018年6月23日(土)

メジャーリポート

フォローする

不惑迎えるイチロー、新たな世界切り開く

(1/3ページ)
2013/8/24 7:00
保存
共有
印刷
その他

 イチローが21日、日米通算4000安打を達成した。大リーグ通算では2722本目で記録としての意義付けは難しいところだが、ヤンキースのジラルディ監督は言う。「彼がどれだけよく練習し、どれだけ長い間試合に出場し、健康であり続け、そして試合へのアプローチが素晴らしいかの証書」。イチローを簡潔かつ端的に評価する言葉だ。

スタメンに名を見つけスイッチオン

 ジラルディ監督は「まだイチローはやりきってない」とも話した。イチローは自虐的に「だから、時々ラインアップに名前がないんだ」。最近、球場でスタメン表を確認し、そこに自分の名前を見つけてから「気持ちのスイッチを入れる」ようになった。特に8月に入り、それほど先発を外れる日が増えている。

 試合に出るか分からないのに、しっかり準備をする日が続くのはつらい。しかし、それでも今までと変わらぬルーティンを続ける。「毎日同じことを続けることで、自分を安定した状態に持っていくテクニックはある。それでも安定するとは限らない。時々しんどいと思うけれど、そこが頑張りをみせるところですかね」

 チームメートが驚嘆するほどストイックな姿勢がイチローを形づくったといえるが、もう一つ欠かせない要素があると思う。無邪気というか、いい意味での子供らしさだ。

「小さいことに満足し、達成感も」

 記録達成後の記者会見で、最も印象に残ったやり取りがある。

 「長い間プレーすると自分に満足する部分が見えるけれど、イチローさんは満足することがないから……」。こう話す記者を遮るように、ちゃめっ気のある口調でまくしたてた。

 「いえいえ、僕はいっぱい満足します。満足したら終わりというけれど、それは弱い人の発想。僕は小さいことでも満足するし、達成感も感じる。それで次が生まれる。意図的に『こんなことで満足しちゃいけない、まだまだ』と言い聞かせる人はしんどいですよ。何を目標にしたらいいか分からないじゃないですか。うれしかったら喜べばいいんですよ」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

メジャーリポート 一覧

フォローする
地元ファンは「トーレスこそが“世界一”奪還に向けた最後のピースではないか」と騒ぎ始めている=APAP

 ヤンキースで最大の有望株とみられていたルーキーが米大リーグ昇格後、いきなり大活躍している。ベネズエラ出身の二塁手、グレイバー・トーレスはまだ21歳。その若さに似合わぬ落ち着きでクラッチヒット(適時打 …続き (6/18)

大舞台で田中の投球は一段と躍動感が生まれる=APAP

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大が勝ち星を重ねている。6月2日(日本時間3日)のオリオールズ戦に先発し、5回1/3を4失点で自身5連勝、7勝目(2敗)を挙げた。4点台後半の防御率が示す通り絶好調とは …続き (6/4)

マリナーズの本拠地球場の外に飾られているカノの特大サイズの写真=APAP

 米大リーグ機構(MLB)は15日、マリナーズ内野手のロビンソン・カノ(35)が薬物検査で禁止薬物の利尿剤フロセミドに陽性反応を示していたことを明らかにした。検出されたフロセミドは筋肉増強剤ではないが …続き (5/21)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]