2018年7月22日(日)

為替差益狙える外貨MMF、16年の税制改正に注意
ファイナンシャルプランナー 目黒政明氏

(1/2ページ)
2013/8/23 7:00
保存
共有
印刷
その他

 安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」で大胆な金融緩和は当面続き、今後数年は円安傾向だと考えています。為替差益が期待できる外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)に興味があります。投資する際の注意点を教えてください。(東京都、会社員、35歳)

 外貨建てMMFは外貨で運用する投資信託の一種です。元本保証はありませんが、高格付けの価格変動が少ない短期金融商品で運用するため、外貨ベースでの元本割れの可能性は小さいとされています。例えば米ドル建てMMFなら米国の短期国債などで運用し、安定的な利息収入の確保を目指しています。同じ通貨の外貨預金より、利回りは高めになっています。

 申込単位は取扱会社により異なりますが、10ドル以上1セント単位といった小口の金額で申し込めます。1ドル=100円とすると、千円程度から購入できます。米ドル建て、ユーロ建て、オーストラリアドル建てなどの種類があり、一部の証券会社や銀行などが販売しています。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

最新動向は

外貨投資の始め方

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報