トップ > 特集 > コラム > 記事

車、人、モノ… 万物は渋滞する
写真は語る

(1/3ページ)
2013/8/19 3:30
保存
共有
印刷
その他

車、人、モノ。「流れ」あるものはすべて渋滞する。国の推計で年間約12兆円の経済損失を生む交通渋滞。解消のための研究成果が様々な場面で力を発揮している。スムーズな流れを作るヒントは、意外なところにあった。

「アリのところへ行って知恵を得よ」と旧約聖書にあるように、人々は昔から身近な生き物から知恵を授かってきた。アリの生態から渋滞の研究者は多くのことを学んだ

「アリのところへ行って知恵を得よ」と旧約聖書にあるように、人々は昔から身近な生き物から知恵を授かってきた。アリの生態から渋滞の研究者は多くのことを学んだ

アリが整然と木の枝の上を歩く。一列になって移動しているのに不思議と渋滞が起こらない。前と適度な距離を保ち、それぞれが発するフェロモンのにおいでできた道を一定速度で移動するためだ。

「アリの集団行動から交通渋滞の研究者は多くのことを学びました」。車の渋滞や人の混雑のメカニズムを研究する東京大学の西成活裕教授は「ある一定の間隔を空けて移動できれば、あらゆる分野で渋滞がなくなる」と話す。同教授は大量のデータを集めて分析し、渋滞解消の研究を行う一方で、研究成果を実社会でどう活用できるかの提案も行う。生産ラインでの無駄の改善に利用できると製造業をはじめ様々な業種の企業関係者が研究室を訪れている。

注文数に波があっても、商品の入った箱は一定量を保ちながら流れていく(千葉県市川市の楽天物流)

注文数に波があっても、商品の入った箱は一定量を保ちながら流れていく(千葉県市川市の楽天物流)

「10秒間に何歩」と指示し、歩く速さを統一する。倉庫内の通路には約80センチの間隔で目盛りが刻まれている(千葉県市川市の楽天物流)

「10秒間に何歩」と指示し、歩く速さを統一する。倉庫内の通路には約80センチの間隔で目盛りが刻まれている(千葉県市川市の楽天物流)

オンライン書店「楽天ブックス」などの物流を手掛ける楽天物流。100万点以上の商品を抱える千葉県市川市の倉庫から全国へ向けて商品が発送されてゆく。物流センター内の随所に渋滞研究の知見が生かされている。ベルトコンベヤーを移動する商品のスピードや間隔。書籍のピッキングスペースの床に設置された歩幅を一定にするための約80センチ幅の目盛り。「10秒間に何歩」と歩く速度までもそろえることで、従業員の配置の精度が高まり、曜日や時間帯で変化する注文状況に柔軟に対応できるようになった。千葉県柏市に今までのノウハウを生かした新物流センターを来月、開設する予定だ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ