/

写真で振り返る イチロー日米4000安打

 米大リーグ、ヤンキースのイチローが21日のブルージェイズ戦の第1打席にレフト前ヒットを放ち、日米通算4000安打を達成しました。1992~2000年にオリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)で1278本、01年に大リーグに移り、シアトル・マリナーズ、ニューヨーク・ヤンキースの2球団で積み上げた金字塔です。イチローの4000安打までの軌跡を写真で振り返ってみました。

オリックス・ブルーウェーブ時代(1992~2000年)■

振り子打法でヒットを量産したオリックス・ブルーウェーブ(現・オリックス・バファローズ)時代のイチロー=共同
プロ野球史上初のシーズン200安打を達成したオリックスのイチロー(1994年9月20日、グリーンスタジアム神戸)=共同
米大リーグ挑戦を明らかにしたオリックスのイチローが、本拠地・神戸での最終戦に途中出場、ファンにお別れをした(2000年10月14日)=共同

シアトル・マリナーズ時代(2001~12年7月)■

アスレチックス戦の7回の第4打席で中前に大リーグ初安打を放ったマリナーズのイチロー(01年4月2日、セーフコ・フィールド)=共同
レンジャーズ戦の1回、シーズン257安打の大リーグタイ記録をマークしたマリナーズのイチローを祝福する電光掲示板(04年10月1日、セーフコ・フィールド)=共同
レンジャーズ戦の1回、日米通算3000本目の安打を左前に放つマリナーズのイチロー(08年7月29日、レンジャーズ・ボールパーク)=共同
米大リーグ、ブルージェイズ戦の5回、中前打を放ち10年連続200安打を達成、観客の声援に応えるマリナーズのイチロー(10年9月23日、カナダ・トロントのロジャーズ・センター)=共同

ニューヨーク・ヤンキース(2012年7月~)■

マリナーズ戦の9回、ヤンキースのユニホーム姿で打席で構えるイチロー(12年7月23日、セーフコ・フィールド)=共同

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン