2019年7月19日(金)

日本サッカー世界への挑戦

フォローする

W杯新戦力、大迫と柴崎が示した可能性
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/4ページ)
2013/8/9 7:00
共有
印刷
その他

鹿島のFW大迫勇也(23)がワールドカップ・ブラジル大会に向けて猛烈にアピールした。7日にカシマスタジアムで行われた「スルガ銀行チャンピオンシップ」。南米代表のサンパウロに対しハットトリック(1試合3得点)の大活躍を見せ、3-2で鹿島を勝利に導いた。7月の東アジア・カップでは慣れない「トップ下」でのプレーながら、オーストラリア戦で2得点を挙げた。柿谷曜一朗(C大阪)や豊田陽平(鳥栖)とともに、日本代表の「新ワントップ」の有力候補に名乗りを上げた。

サンパウロ戦で先制点を決め喜ぶ大迫(中央)

サンパウロ戦で先制点を決め喜ぶ大迫(中央)

サンパウロは8日間で4試合

相手のサンパウロは7月31日にミュンヘン(ドイツ)でバイエルン・ミュンヘンと対戦、翌8月1日もミュンヘンでイタリアのACミランと戦った。2日後の3日にはリスボン(ポルトガル)でベンフィカと戦い、翌日リスボンをたって5日、鹿島に到着した。

Jリーグのヤマザキナビスコ・カップ優勝チームである鹿島戦は実に8日間で4試合目。しかも地球を半周しながらの連戦ということで相当な疲労があったはずだ。だがその疲れや時差の影響を感じさせない闘志で、驚異的な粘りを見せた。

疲労に加えて主力が何人も欠け、10代の若い選手も出場したサンパウロ。しかしそれを差し引いても、この日の大迫のプレーは見事だった。

ヘディング、大型DFに競り勝つ

サンパウロの両センターバックは、エジソン・シウバ(27)とルーカス・シウバ(17)。主力ではないが、2人とも体は大きく、187センチと186センチある。彼らを相手に、鹿島のワントップを務めた大迫は互角以上に渡り合った。

この日の大迫の「パートナー」は21歳のMF土居聖真。大迫は見事なポストプレーで土居を走らせ、安定したキープで中盤の選手たちがポジションを取る時間をつくり出した。最も驚いたのは、182センチの大迫が自陣から送られてくるロングボールの大半を、ヘディングで相手のセンターバックに競り勝ち、味方につないでいたことだった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
7月7日のG大阪戦の後半、ディエゴオリベイラのゴールをアシストし、高萩(左)と抱き合って喜ぶFC東京・永井。眠っていた才能が覚醒したようだ=共同共同

 Jリーグは「折り返し」を過ぎ、7月7日までに全34節中の18節を消化した。FC東京が12勝3分け3敗、総得点28、総失点13、勝ち点39というすばらしい成績で、2位横浜F・マリノス(勝ち点33)以下 …続き (7/11)

南米選手権のエクアドル戦でパスを出す久保建。フル代表でも堂々たるプレーぶりだった=ロイターロイター

 エクアドルに勝ちきることができず、日本代表のコパアメリカ(南米選手権)はグループリーグ敗退で終わった。しかし今大会に参加した若い代表チームは、試合ごとに成長と進化の跡を見せ、最終的には、優勝候補筆頭 …続き (6/27)

エルサルバドル戦の前半、パスを出す冨安。3バックの果敢なプレーが目立った=共同共同

 森保一監督率いる日本代表は、6月5日にトリニダード・トバゴと、そして9日にエルサルバドルと、国内で2つの親善試合をこなし、1勝1分けの結果を残した。
 3月下旬の親善試合から2カ月半、9月上旬に始まる …続き (6/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。