米ツアー ズームアップ

フォローする

全英女子で新顔活躍 日本勢に新時代の息吹
ゴルフライター 川野美佳

(1/3ページ)
2013/8/7 7:00
共有
印刷
その他

朴仁妃(韓国)のメジャー4連勝なるかに注目が集まった今年の全英リコー女子オープンゴルフ。結果はステーシー・ルイス(米国)がアジア勢の連勝をストップし、自身2つ目のメジャータイトルを獲得した。

6年ぶりに聖地セントアンドルーズ、オールドコースに戻ってきた今大会。強風と硬い地面、一見視界が開けていながら巧みに張り巡らされたコースのわなに選手たちは苦しんだ。

13番で痛恨の9、宮里藍は予選落ち

宮里藍は第2ラウンドの13番でリンクス特有の垂直な壁を持つバンカーにつかまり、痛恨の9をたたいて予選落ちを喫した。朴もまたポットバンカーや生い茂るヒースの餌食となって優勝戦線から脱落した。

「私にとって、なぜか17番がカギになるのです」とルイスは言う。

セントアンドルーズの17番パー4。通称「ロード」はティーショットがホテル越えという難易度の高いホールである。少しでも手元が狂うと最終ラウンドの佐伯三貴がそうだったように、ホテルの敷地内に球が飛びOBをたたくことになる。うまくフェアウエーをとらえても横幅が狭いグリーンの奥にホールの通称の由来となったロード=道が迫っているため、第2打のクラブ選択にも細心の注意が必要だ。

ルイス、かすかな希望抱き17番へ

そこまで首位を走っていたチェ・ナヨン(韓国)に3打差つけられていたルイスは、難易度の高い17番を前に「ここをパーで切り抜け、18番で万に一つのチャンスをものにしてバーディーを奪えれば、プレーオフに残れるかもしれない」とかすかな希望を胸にこのホールをプレーしたという。

グリーンエッジまで残り160ヤード。手にしたのは5番アイアンだった。ピンの先は下り傾斜になっているため、奥に突っ込んだら打球をグリーンに残すことは難しい。「右手前に落としスロープを利用して奥のピンに少しでも近づけられれば……」。ルイスはそう考えた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

米ツアー ズームアップ 一覧

フォローする
タイガー・ウッズはこれまでも長期欠場が何度かあったが、復帰後すぐにブランクの影響を感じさせずに結果を残すケースが少なくない=ゲッティ共同ゲッティ共同


 米男子ゴルフはコロナ禍で大幅に予定が変更されたことから、今週、いよいよ今季最初のメジャー大会が行われる。以下のデータだけを切り取って判断するなら、この選手が全米プロ選手権(カリフォルニア州、TPCハ …続き (8/5)

トラベラーズ選手権の第1ラウンドで一緒に回るマッカーシー(左)、ウォレス(左から2人目)、コーリー(右)=APAP

 大リーグ、プロバスケットボールNBAの開幕や再開も決まり、新型コロナ禍でも徐々に米プロスポーツが開催に向けて動き出している。男子ゴルフの米ツアーは再開してすでに3大会が終了した。
 ただ、早くも波乱含 …続き (7/1)

ミケルソンのショートゲームは今も健在。トーナメントで勝つチャンスはある=USA TODAYUSA TODAY

 ライブスポーツに対する飢えを、象徴するようだった。
 先日、タイガー・ウッズ、フィル・ミケルソン(ともに米国)らによる新型コロナウイルス対策支援を目的としたチャリティーマッチが行われると、ケーブル局の …続き (6/3)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]