2019年7月19日(金)

スペシャル

フォローする

済美・安楽の772球 米国人から見た高校野球(上)
スポーツライター 丹羽政善

(1/4ページ)
2013/8/2 7:00
共有
印刷
その他

先日発売された米スポーツ総合誌「ESPN」で愛媛・済美高校の2年生投手、安楽智大が紹介された。また7月28日にはスポーツ専門局ESPNの「OUTSIDE THE LINES」という番組でも、彼を通して見る日本の野球文化とは何か、というテーマで特集された。安楽が今春の甲子園で772球を投げたことを知った彼らは、興味を持った。彼の体は大丈夫なのか。連投の背景は何か。

肩は消耗品が米国内での認識

その答えを求め、記者やプロデューサー、番組司会者の3人が来日したのは5月終わりのこと。彼らは安楽が甲子園で投げた球数をどう捉えたのか。舞台となった甲子園という大会をどう理解したのか。彼らは現地取材を通して何を得たのか。ここでは、そのときの取材の舞台裏を紹介したい。

今春のセンバツで安楽が決勝まで3日連投を含む5試合に登板し、772球を投げたことが海を渡って伝わると、米スポーツメディアは即座に反応した。

「無茶だ」「酷使だ」。彼らは一様に否定的な厳しい言葉を並べ立てている。

そのことは理解できないでもない。米国では肩は消耗品と考えられている。投げれば投げるほど、肩は傷つく。よって、日本では肩を作る、あるいはフォーム固めをする時期と位置づけられるキャンプでさえ、投手に自由に投げさせることはない。日本からメジャーに挑戦する投手も、まずそこに戸惑う。

リトルリーグの段階から球数制限

そもそも米国では、リトルリーグの段階から、大きな大会ともなれば球数制限があり、連投も禁止する。彼らの野球文化を軸に考えれば、772球は想定外だ。

「ESPN」のクリス・ジョーンズ氏というコラムニストから連絡があったのは、批判の嵐も収まりかけた5月2日のことだった。

「安楽投手を通して、日本とアメリカの投球数に対する考え方、また野球文化の違いについて取材をしたい。日本へ行って安楽投手にも話を聞きたいので、通訳とコーディネーターをやってもらえないか」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
2018年夏の全国高校野球選手権大会決勝戦で力投する金足農の吉田輝星=共同共同

 昨年12月下旬、新潟県高校野球連盟が2019年の春季県大会限定ながら、1人の投手が1試合で投げられる球数を100球に制限すると発表した。これに対して日本高校野球連盟は、否定的とされる。2月20日の理 …続き (2/4)

中谷さんは「意図と根拠のある、納得できる1球を」と説く

 ドラフト1位で阪神に入団し、楽天、巨人でも捕手としてプレーした元プロ野球選手の中谷仁さん(38)が今年4月、母校である智弁和歌山高野球部の専任コーチに就任した。自身が主将を務めて甲子園で優勝した19 …続き (2017/6/24)

浮田監督は米マイナーリーグなどでプレーし、球団での通訳やイチローらを取材した経験を持つ(浮田監督提供)

 いったいどんな野球をするのか。
 夏の全国高校野球選手権岡山大会の1回戦を突破し、16日に優勝候補の創志学園との2回戦に臨む岡山県立津山高校野球部の浮田圭一郎監督の采配が、興味深い。
 浮田監督は日本の …続き (2016/7/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。