悠々球論(権藤博)

フォローする

CSは本当に必要か ペナントレース、無にする恐れ

(4/4ページ)
2013/7/16 7:00
共有
印刷
その他

04年の球界再編と前後して、プロ野球界も人気下降への危機感を持ち、何か新しいことを始めなくてはということで取り入れたのが、セ・パ交流戦であり、リーグ優勝や日本シリーズ進出権をかけたポストシーズン制だったと記憶する。

現在は両リーグともレギュラーシーズンの勝者がリーグ覇者ということになっている。それはいいのだが、日本のプロ野球ではやはり日本シリーズが最大、最高の舞台だ。リーグ覇者と日本シリーズの進出チームが異なるということになってくると、どうしてもリーグ優勝の重みが薄れる。わずか3、4年前にリーグを制した球団はどこだったかさえ、今では覚えていられないではないか。

長い目でみて球界の得になるか

CSの収益は原則的に主催球団、つまり各ステージの上位球団が手にする。昨年であれば、我々を東京ドームに迎えて戦った巨人が利益を手にしたわけだが、勝ったからよかったものの負けていたらどうだったろう。

球団によって開催利益はバカにならないだろうが、長い目でみて球界の得になるのか。その数億円のためにレギュラーシーズンの戦いを無にするようなことをしていいのかどうか。

42.195キロのマラソンを走り、一応表彰式は行うのだが、すぐに表彰台から下りてトラックに並んでヨーイ、ドン……。そんな戦いにどれだけの意味があるのか、考え直すべきときだろう。

(野球評論家)

人気記事をまとめてチェック

「スポーツ」の週刊メールマガジン無料配信中
「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

権藤博 監督に学ぶリーダーシップ プロ野球日本一 これが奔放流の真髄だ

権藤博 著

ビジネスにも通じる、独特のリーダー論を持つ著者に学ぶ「強いチームのつくり方」

悠々球論をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

電子版の記事が今なら2カ月無料

共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

悠々球論(権藤博) 一覧

フォローする
記者会見で現役引退を発表するイチロー。驚く一方、昨年あたりからそろそろ危ないかもという虫の知らせもあった

 イチローの成功の秘密はひと言、「人のやらないことをやったから」――。野球評論家で、オリックスの新人時代からその才能に注目していたという「イチロー・ウオッチャー」、権藤博さんに引退の報に接しての思いを …続き (2019/3/24)

25年ぶりにリーグ優勝し、胴上げされる緒方監督=共同共同

 戦力がなければ育てるのみ――。広島の25年ぶりの優勝は緒方孝市監督(47)を含め歴代の監督ら、現場の地道な努力と、選手を引き抜かれてもめげずにやってきた球団の我慢が実った優勝だ。金ならある、といわん …続き (2016/9/11)

打倒巨人の気構えを [有料会員限定]

 セ・リーグの球団を中心に、キャンプ、オープン戦をみて回っているが、面白くないのは「打倒巨人」の意気込みが伝わってこないことだ。どこの監督も口にはしないが、また2、3位狙いの低レベルの争いになりそうな …続き (2014/3/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]