日本サッカー世界への挑戦

フォローする

J1、Vの行方占う中盤戦 勝負強い浦和に注目
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/5ページ)
2013/7/12 7:00
共有
印刷
その他

ワールドカップ(W杯)予選とFIFAコンフェデレーションズカップ(ブラジル)で約1カ月半中断していたJリーグ(J1)が7月6日に再開、猛暑のなか、リーグ中盤の競り合いが始まった。

7月下旬に韓国で東アジアカップがあり、Jリーグ勢を中心に構成された日本代表が出場するため、6日に第14節、10日に第15節、13日に第16節、17日に第17節と4連戦を行い、第18節は31日、第19節は8月3日とやや変則的な日程だ。

「壊れかけ」チームの浦和再建

第17節で全日程の半分となり、18節はまだ「折り返し」といったところだが、この間の成績で今季の優勝争いが見えてきそうな気がする。

そうしたなかで注目されるのが、第15節を終わって9勝4分け2敗、勝ち点31で2位の浦和レッズだ。

2011年15位。ぎりぎりのところでJ1に残留した「壊れかけ」のチームを、12年にミハイロ・ペトロビッチ監督が引き継ぎ、1年目で3位に躍進、今季はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦いながらも上位をキープし、2位で中断を迎えた。

サンフレッチェ広島を6シーズン(06~11年)指導、独特の3-4―2-1システムで攻撃的なサッカーを完成させたペトロビッチ監督は、浦和にも同じサッカーを持ち込み、広島では望めなかった豊富な選手層で優勝を目指している。

日本代表クラス補強、戦力が向上

12年にはドイツのケルンからDF槙野智章(元広島)を補強したが、今年は広島からDF森脇良太、柏レイソルからDF那須大亮、鹿島アントラーズからFW興梠慎三、そしてベガルタ仙台からMF関口訓充と、日本代表クラスの経験と実力をもつ即戦力を補強、それがそのまま戦力アップにつながった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 次へ
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
横浜Mのポステコグルー監督は就任時からアグレッシブな戦術が目を引いた=共同共同

 アンジェ・ポステコグルー監督率いる横浜F・マリノスの優勝は、Jリーグ27シーズンの歴史でも特筆されるべき出来事だった。
 これまでの優勝チームは、多かれ少なかれ、所属選手をうまくかみ合わせた、あるいは …続き (12/12)

1-4と日本が惨敗したベネズエラ戦の前半、選手に発破をかける森保監督=共同共同

 「私のころとは状況が違う。五輪代表監督とA代表監督の兼任は無理だ」
 2018年秋、そう語ったのは、フィリップ・トルシエ氏。1998年から2002年まで日本代表監督を務め、2000年のシドニー・オリン …続き (11/28)

残り3節となったJ1。FC東京は9日の磐田戦に勝ち、勝ち点差1で首位に立つ=共同共同

 Jリーグ1部(J1)は11月10日までに31節を消化、残りわずか3節となったが、優勝争いも残留争いも大混戦。予断を許さない状況にある。
 優勝争いでは、第31節に首位鹿島アントラーズが4位川崎フロンタ …続き (11/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]