/

この記事は会員限定です

渡邉恒雄(2)哲学開眼

家族の死、運命考える 軍事教練 将校に歯向かう

[有料会員限定]

戦前の開成中学は私立でこそトップクラスだったが、府立一中のような公立ほどではなかった。質実剛健の校風で校章もペンと剣。文武両道を謳(うた)っていた。

2つのチームがボールを奪い合う「開成ボール」という体育の正課があった。殴ろうと蹴ろうと何をしてもいいというルールで、毎回けが人が出た。私も右足のすねにひびが入って1ヶ月ほど松葉杖で通学したことがある。

昭和14(1939)年。日中戦争はいよいよ激しく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン