2019年1月21日(月)

スペシャル

フォローする

健全な球団経営とは…楽天の講座、東北大で人気

(1/4ページ)
2013/7/6 7:00
共有
印刷
その他

2005年にプロ野球で50年ぶりとなる新規参入を果たした楽天。参入初年度に営業黒字を達成、試合の曜日や対戦カードで料金を変更する「フレックスプライス」を球界で初めて導入するなど経営面で注目を浴びてきた。創設9年目の今年は、球団経営で培われた「楽天球団のビジネスモデル」を授業で国立大生に教えている。講座開設の狙いや講義を通して学生に伝えたかったこととは――。講師を務めた楽天野球団の池田敦司副社長(56)に聞いた。

400人以上登録、最大教室が満杯に

400人以上の学生が登録した「スポーツ経営実践論」講座=楽天野球団提供

400人以上の学生が登録した「スポーツ経営実践論」講座=楽天野球団提供

仙台市にある東北大学の川内南キャンパス。4月から7月中旬までの「スポーツ経営実践論」講座には400人以上の学生が登録し、一番広い経済学部の教室も満杯になるほどの盛況ぶりだ。プロ野球の球団が国立大学で単位認定される講座を持つのは初めてという。

講義は「経済学的視点から見るプロ野球」や「チケットマーケティング」といったビジネス面の話のほか、「プロ野球選手から見たプロスポーツの世界」と題して元楽天の草野大輔さんが野球人生から学んだことを話すなど、幅広くプロ野球や球団経営を学べる内容だ。

過去にはオリックスが大阪府の摂南大学で球団経営の講義をしたことがある。学生のインターンシップ制度を導入する球団も増えるなど、球界では「地域貢献」や大学と協力する動きが広がりを見せている。楽天と東北大の「産学連携」は、東北大の教授が試合運営のボランティアをしていた縁もあり、楽天側から大学に呼び掛けて実現した。

若者に野球の素晴らしさ知ってほしい

「地域密着球団として幼稚園や小中学校で様々な活動をしてきたが、もう少し上の大学生向けに地域貢献できることはないかと考え、今回の講座を開設することとなった。今後さらに地元に根ざしていく、地域に貢献していくという思いはもちろん、『若年層は野球離れをしているのではないか』という課題があり、若者に野球の素晴らしさを理解してもらう狙いもあった」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする

 1950年の2リーグ分立以来、プロ野球最大のピンチとなった2004年(平成16年)の球界再編騒動。危機は「見るスポーツ」の王者の地位に安住してきたプロ野球を変えた。
 このまま行くと、4年後にはパ・リ …続き (2018/11/24)

4球団が1位指名で競合した大阪桐蔭高の根尾昂内野手を引き当て、喜ぶ中日の与田剛新監督(左端)=共同共同

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が25日、東京都内のホテルで開かれた。投打で大阪桐蔭高の甲子園大会春夏連覇に貢献した根尾昂内野手はヤクルト、巨人、中日、日本ハムの4球団が1位指名し、抽選の …続き (2018/10/25)

9月17日のソフトバンク戦で放った先制満塁本塁打は「記憶に残る一打になると思う」

 強力打線で首位を走ってきた西武が30日、歓喜のときを迎えた。2008年以来、10年ぶり22度目(西鉄時代を含む)のリーグ優勝。西武ひと筋17年、ここぞの一振りで勝利に貢献してきた栗山巧選手(35)に …続き (2018/9/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]