悠々球論(権藤博)

フォローする

監督業に携帯電話は要らない

(1/4ページ)
2013/6/4 7:00
共有
印刷
その他

プライベートでは手放せない携帯電話だが、私は監督、コーチとしての仕事には使わなかった。「戦う組織」のコミュニケーションは対面が基本だからだ。事務連絡は別として、携帯の通話や電子メールの便利さに甘えていると、勝負どころで気持ちが伝わらないのではという気がしてならない。

選手の携帯番号、一人も知らず

今では私の携帯電話のなかに横浜(現DeNA)の1998年の優勝時の仲間である"佐々木大魔神"(主浩)や捕手、谷繁元信(現中日)らの連絡先が入っている。

しかし、それは私がユニホームを脱いでからのことで、監督として横浜を指揮していた当時、選手の番号は誰一人として知らなかった。コーチ陣の番号は万が一のために入れてあったが、仕事で電話をかけることはまずなかった。

98年当時といえば"携帯文化"が世間に浸透し始めたころだから、事情が異なるが、子どもでも携帯電話を使いこなすようになった今でも、私は「携帯を仕事に持ち込まない」というスタイルを守っている。

昨シーズン投手コーチを務めた中日で、1人だけ現役選手の携帯の番号が入っていたが、ちょっとした体のトラブルをかかえていた彼に病院を紹介するため、必要に迫られて連絡先を聞いたのだった。

コミュニケーションは1対1で

選手の携帯電話の番号を入れておかないのは「何かあったらマネジャーに聞けばいいから」というのが一番の理由だが、選手に格差をつけたくないという気持ちもある。

主力の番号は知っているが、控えの選手の番号は知らない、ということでは「監督は誰々と近い」とか、無用の臆測を生むことになる。

それに加え、選手とコミュニケーションをとるなら、「1対1」で面と向かって話そうと心に決めていたから、ということもある。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

悠々球論(権藤博) 一覧

フォローする
記者会見で現役引退を発表するイチロー。驚く一方、昨年あたりからそろそろ危ないかもという虫の知らせもあった

 イチローの成功の秘密はひと言、「人のやらないことをやったから」――。野球評論家で、オリックスの新人時代からその才能に注目していたという「イチロー・ウオッチャー」、権藤博さんに引退の報に接しての思いを …続き (2019/3/24)

25年ぶりにリーグ優勝し、胴上げされる緒方監督=共同共同

 戦力がなければ育てるのみ――。広島の25年ぶりの優勝は緒方孝市監督(47)を含め歴代の監督ら、現場の地道な努力と、選手を引き抜かれてもめげずにやってきた球団の我慢が実った優勝だ。金ならある、といわん …続き (2016/9/11)

打倒巨人の気構えを [有料会員限定]

 セ・リーグの球団を中心に、キャンプ、オープン戦をみて回っているが、面白くないのは「打倒巨人」の意気込みが伝わってこないことだ。どこの監督も口にはしないが、また2、3位狙いの低レベルの争いになりそうな …続き (2014/3/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]