/

この記事は会員限定です

CLよりボランチで大成 細貝、移籍の裏の熱い思い

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

サッカーのドイツ1部リーグ、レーバークーゼンに所属する細貝萌(26)が来季からヘルタ・ベルリンでプレーすることになった。欧州チャンピオンズリーグ(CL)に出場するチャンスを振り切ってまで、ヘルタへの移籍に踏み出したのはボランチとしてさらなる成長を期す、本人の熱い思いからだった。

ヘルタと4年契約、双方にとり良縁

21日、東京都内で移籍に関する記者会見を開いた細貝。レーバークーゼンとはまだ契約を2年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン