イチロー フィールド

フォローする

強いチームに働く力 紙一重の勝負制するヤンキース
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
2013/5/20 7:00
共有
印刷
その他

イチローがライトでの打撃練習の球拾いを終えて引き上げてくる。そのタイミングでマリナーズの岩隈久志が駆け寄った。

挨拶を終えてイチローがヤンキースのダッグアウトに下がろうとすると、今度はマイケル・ソーンダースとマイケル・モースが歩み寄って、それに気付いたイチローがきびすを返す。

今季初めて古巣との試合に臨む

一緒にプレーした期間は短いが、「ずっと、(文字データのみのファイルの)テキストとかで連絡を取り合ってきたんだ」とモース。少なからず影響を受け、彼のバットケースはイチローと同じ特製アルミケースだ。契約メーカーは違うが、「特別に作ってもらったんだよ。イチローのと同じように」と教えてくれた。

ソーンダースはここ数年、ずっとイチローの背中を見てきた。ブルージェイズの川崎宗則がある意味、イチローマニアであるのと同じで、彼がイチローを見つめる視線も熱い。

そんな2人が近づいてきたのだから、イチローも相好を崩し、雑談はマリナーズの練習が始まるギリギリまで続いた。

14日、ニューヨーク。イチローは今季初めて、古巣マリナーズと顔を合わせている。

世代交代、変化を期待したチームは…

久々とあって挨拶が続き、試合前は慌ただしく時間が過ぎたが、自分が退くことで世代交代を促したチーム、自分が犠牲になることで変化を期待したチームは、彼の目にどう映ったのだろう。

少しでも前に進んでいることが見えれば、イチローの決断が報われるところだが、少なくとも第1戦では、昔と変わらぬマリナーズの姿がそこにあった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
イチローウイークエンドで配られたイチロー人形

 9月14日午後5時49分、ホームの白いユニホームをまとったイチローが一塁側のダグアウトから姿を見せると、球場全体が大きな歓声に包まれた。
 2分後、ダグアウトに控えていたチームメイトらが全員出てきて、 …続き (9/16)

試合に備えた全体練習が始まる前、バットを手にゴードンと話すイチロー(右)

 ユニホームのパンツ、紺のアンダーシャツ姿のイチロー(マリナーズ会長付特別補佐)が、グローブを持ってフィールドに出てくるのは通常、午後1時半すぎ。客席には人ひとりおらず、売店の店員らがぽつりぽつりと姿 …続き (8/5)

1日の試合途中、ファンの声援にベンチから手を上げて応えるマリナーズのイチローさん=共同共同

 5月3日、ワシントン州タコマ。途中、事故渋滞にはまって、自宅から3Aのタコマ・レーニアズが本拠地とするチェイニー・スタジアムまで2時間近くかかった。午後3時過ぎ、ようやく球場に到着してざっとあたりを …続き (5/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]