企業、学生に本音で語ろう
第6部 提言編(2)

2013/5/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
その他

シューカツ開始の時期を遅らせる議論が世間の話題をさらっていた4月1日。毎年繰り返される学生と企業のすれ違いがまた始まった。

■あいまいな基準

住宅関連企業への就職を目指す都内私立大4年の小林将秀(仮名、21)は15社の選考試験で全滅した。アベノミクス効果で景気に明るさが見え始めているとはいえ就職戦線はまだまだ厳しい。小林は「面接でコミュニケーションがとれなかった」と反省する。

学生は自らの力不足や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


電子版トップ



[PR]