/

この記事は会員限定です

74年W杯決勝のPK秘話 伝説プレーヤーが語る

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

パウル・ブライトナーといえば、1974年のサッカー・ワールドカップ(W杯)で開催国の西ドイツ(当時)に優勝をもたらした伝説のプレーヤーである。オランダとの決勝戦で開始2分に先制された後、25分に同点のPKを決め、逆転の口火を切ったことでも知られる。その本人に当時の秘話を聞くことができた。

ユース世界大会の選手、宮城で選出

現在、ブライトナーさんは現役時代に所属したFCバイエルン・ミュンヘンのアンバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3485文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン