/

この記事は会員限定です

本場カナダで通じた技術 アイスホッケー・久保英恵(中)

[有料会員限定]

久保英恵がカナダに渡ったのは23歳になる2005年のことだ。2度目の五輪挑戦だった04年のトリノ五輪予選に敗れて「もっと高いレベルでプレーしたくなった」。

移籍先は当時、カナダのトップ選手が集っていたNWHL(ナショナル・ウイメンズ・ホッケー・リーグ)のオークビル。近郊のトロントに現日本アイスホッケー連盟副会長、若林仁が住んでいた。

強国での挑戦で自信

アイスホッケーの本場、カナダの女子代表は五輪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン