「動く球」ってなに? 現代野球に不可欠な武器

(5/5ページ)
2013/4/21 7:00
共有
印刷
その他

詳しいことは物理学者に任せるとして、こういう回転を得た物体は右にも左にも変化するわけではなく、ひたすら直進性が増す(その意味では変化球とはいえないかもしれない)。速度が落ちにくいともいわれる。ライフル銃などは銃身のなかに線条が彫ってあり、飛び出すときにジャイロのような回転をつける。こうすることで直進安定性が増すのだ。

山田さんも杉浦さんも投げていた?

人間の手と腕の構造上、オーバースローでジャイロ回転を加えるには相当な無理がある。アメリカンフットボールのような楕円形のボールなら投げられるが、野球のように丸い球にその回転をつけるのは相当難しいと思っていた。

しかし、いとも簡単に渡辺俊介が投げていたのだ。もしかすると、今まで、プロ野球で活躍していたアンダースローの投手は、みんなジャイロボールを投げていたんじゃないだろうか?

もちろん、無意識だと思うが阪急ブレーブスの山田久志さん、南海ホークスの杉浦忠さんはジャイロボールを投げていたんじゃないかと、私はドキドキしながら想像した。

だから、130~140キロ前後のストレートでも打者が詰まるわけで、現役の西武の牧田和久もジャイロボールを投げている可能性が高いのではないかと想像する。

野球とは奥深く不思議なスポーツ

野球というスポーツにはまだ不思議で奥深いものが残されている。

そもそも数ある球技のなかでも、野球だけが違う点がある。サッカー、テニス、バレー、バスケット、卓球などボールを使って相手と戦うスポーツはボールを持っている方が攻撃側となる。しかし、野球(ソフトボールは野球から枝分かれしたので野球と同類)はボールを持つ方がディフェンスなのだ。

つくづく、不思議なスポーツだなぁと感心する。

(野球評論家)

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

電子版トップ



[PR]