2019年8月21日(水)

ルール&マナー マナーの小道(8) どこに置く? バンカーレーキ

(1/2ページ)
2013/4/27付
保存
共有
印刷
その他

バンカーレーキの置き方には、バンカーの外に置く「外置き」と、レーキの櫛(くし)の部分だけバンカー内に入れておく「内置き」がある。どちらにするかはコースによってマチマチだ。キャディーに聞けば良いが、セルフプレーではそうもいかない。前の人が置いた通りに置くしかないが、前もってマスター室で確認しておくとよいだろう。

バンカーレーキの置き場所、置き方にも作法がある

バンカーレーキの置き場所、置き方にも作法がある

実質的にゴルフルールの世界基準を決めているロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドリュース(R&A)も、日本ゴルフ協会(JGA)も、実は「外置き」を勧めている。

もともとバンカーは、英国のリンクスに代表されるような窪(くぼ)地やタコツボ形状になっている。ただでさえ狭いバンカー内のレーキは、邪魔物以外の何物でもない。結果として「外置き」にするのが昔からの習わしだった。

ところが、ゴルフ場設計の鬼才、ピート・ダイの登場とともに「幅50ヤード、長さ100ヤード」のような「とてつもない大きさのバンカー」が米国に出現してきた。この大きさのバンカーに打ち込むと、プレーヤーが外からレーキを持ってボールにたどり着くのが一仕事、ということに相成る。

それなら最初からバンカー内にレーキを置いた方が合理的、ということで「内置き」が登場した。いわば巨大バンカーに限っての"特例措置"だったはず。しかし、これがいつの間にか通常のガードバンカーでも適用されることに。これでややこしくなった。

レーキは打球方向となるべく平行になるように置く。ボールが当たる確率が低くなる

レーキは打球方向となるべく平行になるように置く。ボールが当たる確率が低くなる

「内置き」が好ましくない最大の理由は、運・不運を左右する要素を増やす危険があるからだ。バンカー中にレーキを置くと、レーキの重さで砂面がくぼむ。レーキは「動かせる障害物」だから取り除けるが、ボールがそのくぼみに入っていても直せない。「レーキがなければ、良いライから打てたのに」と思う瞬間だ。

「外置き」がもたらす不幸の例として「ボールがレーキに当たってバンカーに入る」というケースがある。ただ、その様子は打ったプレーヤーにも見えていることが多く、"現場"に行く前に覚悟しておける。

これに対して「内置き」ではボールに行ってみて、初めてくぼみとご対面ということになる。まるで不意打ちを食らったような気分になるだろう。

レーキの置き方で一番大切なのは、柄の方向をボールが飛んでくる方向と同じにすること。飛球線を横切る格好だと、ボールがぶつかりやすいからだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。